お城めぐりFANについて

このウェブサイトは、城カメラマン・城郭写真家 岡 泰行(プロフィール)が運営するWebサイトです。

サイト『お城めぐりFAN』は、お城めぐりと旅を楽しむための情報を1996年から配信しています。旅先で「見た」「聞いた」といった見聞を主体に、あなたのご旅行のチェックリストとして、そして、あなたが発信する共有リストとしてご活用くださいましたら幸いです。

感想文主体のブログやコミュニティと異なり、お城ファン同士が共有すべき情報に的を絞った内容をもとに、旅をより楽しくすることが目的です。このサイトは日本の主要なお城約300城と戦国お楽しみコンテンツを掲載しています。今後もお城や歴史が好きな城ファンからの投稿を主体に発信していきます。

当サイト制作にあたり、これまで菊竹裕二氏、西山 智氏、林田公範氏、渡邉 敬氏、中西 徹氏、河本康孝氏、高浜確也氏、今井陽一氏、井上秀剛氏、川口秀和氏、山口健一郎氏、岩尾雅樹氏、春日寿夫氏、網本早佑美氏に多大なご支援を頂戴いたしました。記して御礼申し上げます。

「城ファン」という言葉

「城ファン」「お城ファン」は、当サイト『お城めぐりFAN』が生んだ言葉です。ご自由にお使いください。

今から二十数年前、書店には『鉄道ファン』という雑誌は店頭にあっても、城に関する書籍や地図は、多くの場合、数少ない絶版本を探さなければならない状態で、要するに、城は一部の人だけが楽しむ門戸の狭い「マニア」と分類されていた時代でした。当時は旅をすると、現地の古老と出合い、本に載らない貴重な情報を聞き入ったものでした。なんとか、そういった情報を共有できないかと始めたのが『お城めぐりFAN』です。一般にインターネットそのものが認知されはじめる以前の1996年のサイト開設で、Yahoo!に掲載されているサイトを指を折って数えられた時代でした。お城めぐりを「ファン」と呼ばれる認知度の高い「趣味ジャンル」に育てたい、そんな思いがサイトタイトルには込められています。

1996年開設の城ジャンルのTOPサイト、見ている人の数が断然違います

  • URL:http://www.shirofan.com/
  • ページビュー:月間約27万〜46万pv(行楽シーズンなど季節により異なります)
  • アクティブユーザー数:月間約12万人〜18万人(行楽シーズンなど季節により異なります)

SimilarWebランク等でも分かるように、弊サイトは城カテゴリのTOPサイト。膨大な動向データを蓄積しています。一般お城ファンの動向を把握し、ターゲットマッチするようサイトは作られています。城戦国ジャンルに興味をもって見ている人の数が、圧倒的に違います。数千といった単位で数ある城跡を掲載する網羅型サイトのユーザ属性とは異なり、城に興味をもった最も層の厚いユーザーが必ず通る、大手道の役割を果たしています。

Webとの親和性(ターゲットマッチ)を重視したリーチをもとに、自治体様・法人様を対象に、城・戦国関連のWeb宣伝にご協力申し上げます。詳しくはお問い合わせください。

ユーザー属性

城ファンユーザー属性調査

姉妹サイト『お城めぐりFAN LIBRARY』について

城の写真レンタル・撮影

姉妹サイト『お城めぐりFAN LIBRARY』では、姫路城をはじめとした数万枚の城郭写真の中から、約20,000枚の写真がご覧いただけます。お陰様で20年、城カメラマン岡 泰行が撮影した写真が、弊サイト掲載写真も含め、500以上の媒体で取り上げれています。他社のリースフォトサイトには掲載されていないため、『お城めぐりFAN LIBRARY』でのみ、ご覧いただけます。

  • URL:http://www.castlefan.com/
  • ページビュー:月間約16万〜25万pv
  • アクティブユーザー数:月間約2万人

ユーザー属性

城ファンユーザー属性調査

主要取引先

小学館/学研/PHP研究所/デアゴスティーニ・ジャパン/日本旅行/JTBパブリッシング/文芸春秋/平凡社/集英社/日本実業出版社/角川マーケティング/京阪神エルマガジン社/中日新聞社/交通新聞社/読売テレビ/テレビ朝日/フジテレビ/名古屋テレビ

写真実績

お陰様で18年。これまで約500媒体以上で掲載実績がございます(一部抜粋・敬称略)。

  • 『岡山県高梁市(備中松山城) 観光ポスター』
  • 『岐阜県岐阜市(岐阜城) 観光ポスター』
  • 日本テレビ『真相報道バンキシャ!』
  • フジテレビ『とくダネ!』
  • 『大阪城天守閣リーフレット』
  • 『ノジュール』連載(JTBパブリッシング)
  • 『旅の手帖』(交通新聞社)
  • 『ソフトバンクニュース』(ソフトバンクグループ株式会社)
  • JR九州 特急列車「リレーつばめ」車体に写真プリント など

企画実績・Webサイト沿革

御社企画ご担当者様と私たちが、新たな媒体制作への道のりを共に歩んでいきたいと思っております。企画や宣伝が得意技ですが、たまにメディアにも顔を出します。もちろん歴史に触れ、そして写真家活動を続けながら。

また、Webサイト企画は、運営経験値が一般のWeb制作会社と大きくことなります。サイトの運営とは過程と実践の世界。御社の活動、訴求企画を最短距離を歩き成長させます。これまでの経験値を通して御社をサポートいたします。

(※敬称略・得意先様事情によりすべてを掲載しておりません)

  • 2016年1月:『ノジュール(JTBパブリッシング)』名城一幅 連載開始
  • 2015年3月:日本テレビ『新・情報7days ニュースキャスター』(3月21日放送)城ランキングデータ提供
  • 2014年11月:日本テレビ『真相報道バンキシャ!』(11月30日放送)出演ロケ協力
  • 2014年11月:読売テレビ『かんさい情報ネットten』(12月5日放送)出演ロケ協力
  • 2014年2月:『お城めぐりFAN』レスポンシブリニューアル
  • 2013年8月:『ノジュール8月号(JTBパブリッシング)』撮影術執筆
  • 2013年4月:大阪市『大坂城 豊臣石垣公開プロジェクト』サイト企画制作・コンサルティング
  • 2013年4月:Android用ライブ壁紙『竹田城』リリース
  • 2012年1月:姫路城iPhoneアプリ、ODCC主催『スマコン・グランプリ2011』優秀賞受賞
  • 2011年9月:Facebook ページ『お城めぐりFAN – Japanese Castles』開設
  • 2011年9月:キングコングのあるコトないコト「テーマ城」企画協力
  • 2011年4月:『WAVE』62号 監修
  • 2011年1月:FMヨコハマ「E-ne!」出演
  • 2010年6月:iPhoneアプリ「姫路城」をリリース
  • 2010年6月:ムック「あっぱれ!愉快な城と城下町遊び 関西の城」監修(京阪神エルマガジン社)
  • 2009年11月:「城郭絵図面付き 日本の名城」一部監修協力(宝島社)
  • 2009年4月:映画「火天の城」販促マーケティング協力(東映株式会社)
  • 2007年10月:姉妹サイト「城の写真ライブラリー」開設
  • 2003年1月:「安土町文化財マップ」サイト企画制作協力(滋賀県安土町教育委員会)
  • 2003年1月:「安土新八景フォトコンテスト」サイト企画制作協力(滋賀県安土町地域振興課)
  • 2002年1月:「安土町自治体」サイト企画制作協力(滋賀県安土町総務課)
  • 2001年3月:「安土町天主信長の館」サイト企画制作協力(信長の館)
  • 2000年12月:ケータイサイト開設(iモードサイト・2013年終了)
  • 2000年1月:旧「城の写真ライブラリー」開設(2006年終了)
  • 1999年1月:Castle NEWSネットワーク(有志共同運営・2003年終了)
  • 1998年4月:お城戦国だより(メールマガジン・有志共同運営・2003年終了)
  • 1998年1月:お城めぐりメーリングリスト開設(2007年終了)
  • 1996年12月:PARCO-CITY AWARD 優秀HomePage賞 受賞
  • 1996年12月:テレビではじめてインターネットが報道される
  • 1996年5月:『お城めぐりFAN』サイト設立

著作権について

当サイトの著作権はサイト運営者にあります。当サイトに掲載している記事・写真・イラストなどの著作物を許諾なく利用することが法的に認められる場合を除き、無断で複製、公衆送信、翻案、配布等の利用をすることはできません。

当サイトからのリンクに関するご注意

本サイトからリンクを設定している他のサイトは、著作権及び内容に関する責任等は各サイトの開設者に帰属するものであり、弊サイトの管理下にはございません。弊サイトはリンク先のサイトをご利用になったことで生じた、いかなる損害についても本サイトは責任を負い兼ねます。

本サイトは、訪問者の便宜のためにこれらのサイトへのリンクを提供しているといったかたちで、これらのサイトの利用や商品、サービス等を推奨するものではありません。また、本サイトとリンク先のウェブサイトを運営する個人や法人との間に、必ずしも提携・協力などの特別な関係があることを意味するものではありません。

免責事項

本サイトの掲載内容は、城ファンがその経験や現地で得た情報を主体に展開しています。掲載されている内容が正しいかどうかは、必ずご自身でお確かめください。本サイトに情報を掲載する際にはなるべく万全を期するようしておりますが、それらの情報の正確性、有用性、安全性について、また最新であるか、あるいはご利用の目的にそったものであるかについて保証するものではありません。万一、当サイト上のコンテンツのご利用、もしくはご利用になれないことにより何らかの損害が発生した場合も、何ら責任を負うものではありません。

また、お客様がウェブサイトをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。その他ウェブサイトの全てまたは一部の運営を予告なしに中断もしくは中止させていただくことがあります。ウェブサイトの運営の中断もしくは中止によって生じたいかなる損害についても責任を負いません。あらかじめご了承ください。