Webが始まった1996年から、「城」「戦国」ジャンルを独自の切り口で盛り上げてきた強者に敬意を表し、個人が自伝として書き下ろした意欲作を中心に約100サイトをご紹介。城戦国の個人サイトの歴史です。自治体や博物館、資料館サイトも含まれていますが、その昔は各所のWeb担当者が、インターネットの繋がりを大切にした古き良き時代でした。おおよそ、時代順に並んでいます。

  • ちえぞー!城行こまい

    ちえぞー!城行こまい

    おすすめ

    「城跡で遺構を発見したら仰天しないほうがおかしい、何百年も昔に作られたものなのだから」と語るWebMasterちえぞーさんは、4,500城以上の訪城歴(2014年1月現在)を持ち月平均40城をめぐる強者。愛知県中世城館跡調査報告書などの縄張図を掲載し、発見しずらい登城口情報もしっかり掲載。

    城郭紹介

  • 「淡海の城」友の会

    「淡海の城」友の会

    おすすめ

    滋賀県安土城郭調査研究所が、安土城をはじめとした城跡の調査整備と成果を広く公開。サイトでは会報の最新号が見られるほか、会員向けにメールマガジンの発行も行っているぞ。

    城郭紹介

  • rek -歴探-

    rek -歴探-

    おすすめ

    「歴史というのは、色々なアプローチができる面白いアイテムだ」と語るWebMaster 高村さん。思いつくまま歴史に関するアイデアを書き出し、整理・検証していくといった、まさにブレーンストーミングの足跡がしっかり見られる興味深いサイト。

    戦国武将

  • 歴史の歩き方

    歴史の歩き方

    おすすめ

    「斎藤道三が見た金華山を歩く」「羽柴秀吉が見た長浜を歩く」と興味のわくページがずらり。歴史上の人物を軸に各地を訪れたくなるサイト。ゆかりの地を解説しながらルート案内も。

    史跡探訪

  • 日本古城友の会

    日本古城友の会

    おすすめ

    昭和38年設立の「日本古城友の会」のサイト。古代・中世・近世の城であれば、どこでも行くお城好きが多く集い、毎月の見学会や機関誌発行など会員相互の情報交換を欠かさない歴史のあるアクティブな会。

    城郭紹介

  • 戦国倶楽部

    戦国倶楽部

    関ヶ原をこよなく愛するサークルサイトで史跡めぐりが好きな人が集まる。関ヶ原の面白さに惹かれたという管理人 佐吉さんはBS熱中夜話「関ヶ原」 に出演したというから情熱が深い。年表などの関ヶ原の基本データはもちろん、「戦国しりとり」や「クイズ」などお楽しみどころも。

    歴史そのほか

  • 島根県邑南町の城跡

    島根県邑南町の城跡

    おすすめ

    毛利元就、石見高橋氏、出羽氏が激しく争った島根県邑南町地域の城跡を特集するサイト。貴重な縄張り図もしっかり掲載。「山城の跡には計り知れないロマンが潜んでいる」と語る WebMaster 太田さんが創るサイトで特筆すべきは紹介文。城の臨場感がたっぷり伝わってくる、城めぐりの魅力がそこにある。

    城郭紹介

  • 城郭写真記録

    城郭写真記録

    おすすめ

    「自身の歴史の勉強に」と語る WebMaster 成田三河守さんが創るサイトは、愛知県の城館の掲載数が千を超える半端ではないボリューム。一方、近世の天守や櫓・石垣の美しさに、特別な思いを寄せて観賞している姿が、見事にサイトに表れている。その美しさを留めておくかのような写真が城の魅力を語る。

    城の写真

  • さんぽな城

    さんぽな城

    おすすめ

    城跡に立つと「往時はどんな風景だったのだろうか」と誰もが想像する。そんなタイムスリップ願望を見事に満たしてくれる。描き起こされた縄張り図と現存の城域、そして豊富な写真で、現地に立てば迷いなく巡ることができるツボを見事に押さえている。城ファンの手による城ファンのためのサイト。

    城郭紹介

  • KemaAkeの全国城めぐり

    KemaAkeの全国城めぐり

    公共交通機関利用で主要駅からのルートをしっかり記載するなど、すべては、はじめて訪れる人のために分かりやすく工夫されている。小田原出身の Web Master KemaAkeさんは「細かい装飾などの建築技法に魅力を感じる」と語る。写真も一枚一枚丁寧に撮影されているから、その姿勢がちょっとすごい。

    城郭紹介