上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事 

権兵衛殿 さんからのご投稿(2008.08.12)
前田利家「あ〜ちょー暇・・」
木下藤吉郎「よっ又左!お前、捨阿弥って奴斬っ
て浪人になったんだろ?」
前田利家「うっせーわ!ほっとけ」
木下藤吉郎「まぁまぁそう言わずに・・で、なん
で斬ったんだ?」
前田利家「・・・あのハゲが・・おれのおにぎり
を・・半分かじったんだ・・」
木下藤吉郎「え・・・!?そんなことで?」
前田利家「そんなことって言うなぁーー!!あのお
にぎりは、俺が早起きして作った奴な
んだ・・・」
木下藤吉郎(あほらし・・・)

前田利家はその後、桶狭間、森部の戦いを経て無事信長の家臣に復帰した・・・
武士武 さんからのご投稿(2008.02.22)
近藤「伊東君さぁ、資金調達のために新しい京都土産を考えたんだけど・・・。」
伊東「局長、それはどのようなものですか?」
近藤「新鮮グミ。」

伊東甲子太郎が御陵衛士として新撰組を離脱したのはこの三日後であった。
直江綾続 さんからのご投稿(2008.02.17)
直江兼続「愛が生まれた日〜この時に〜
      真実が始ま〜るよ〜」
前田慶次「貴方とな〜らば〜 生きてゆける」

慶次・兼続「めぐり会えた〜」

長谷堂の戦い二人の運命はいかに!!
真田昌幸 さんからのご投稿(2007.11.15)
真田信之「幸村、私はお前のような弟がいてくれて、誇りに思うぞ。」
真田幸村「あっ、兄上ーー!!(涙)」
・・・大坂の陣もいよいよ終盤。
家康「ふふふ・・これで豊臣も終わり・・」
真田兄弟「家康、覚悟ーーッ!」
家康「えええーー!?」
ー秀忠の陣ー
家臣「大変です!
大御所様、真田の奇襲にあい討ち死なさいました。」
秀忠「うーん。信之いじめすぎたかな。」
家臣「は?」
秀忠「ウン、昨日あいつの屋敷に地雷設置したの」
家臣「・・・」
秀忠「そういや、ここの地面なんか違和感ない?」
家臣「あ、六文銭入りの地雷。」
秀忠「・・・・・」
家臣「・・・・・」
段呂 さんからのご投稿(2007.06.29)
信長「猿、キンカン、権六っ!!」
秀吉・光秀・勝家「・・・」
信長「あれ?シカト!?」
キョン吉 さんからのご投稿(2007.06.28)
長秀「ねぇねぇ」
家臣「何でございましょう?」
長秀「このにわにわにわのにわとりが居るよね」
家臣「・・・そうですな」
丹波大納言 さんからのご投稿(2002.06.04)
黒田「殿!腰痛は大丈夫ですか?」
秀吉「う〜ん痛い!しばらくは動けぬな。
しかし家康め、さすがじゃ!この戦、先に動いた方が負けよ!」

石川「殿!ぼちぼちしかけては?」
家康「う〜ん、腰が痛い!」
しんぱち さんからのご投稿(2001.05.26)
秀康「うーん、うーん…。」
秀吉「如何なされた、顔色が芳しくないぞ?」
秀康「畏れ多くも、天下をねらえと神託が…。」
秀吉「気のせいじゃ!はははは!」
秀康「そーですよね。ぶははははは。」
honken さんからのご投稿(2001.05.12)
伊達政宗「藤五郎、そちもとうとう元服か。
どれ何と言う名じゃ?」
伊達成実「"成実"」
伊達政宗「せ、せいじ?ハイカラな名じゃのう」
伊達成実「・・・」

その夜・・・

伊達成実「名前の読めないようなやつに使えてられるかぁ(怒)」

こうして成実は伊達家を去っていった。
乱波 さんからのご投稿(2001.05.10)
信玄「な、なんじゃ昌景、その青い甲冑は」
山縣「え、えーと、戦場で目立つかなーっと思って」
信玄「まあ、うちは赤ばっかりだからの・・・」
山縣「で、では、お許し頂けるので?」
信玄「まあ、よかろう」
山縣「ありがとうございまする。 おーい、昌幸ーっ
昌信ーっ、馬場ちゃーん、出てきていいぞー
お館様のお許しがでたぞーっ」
信玄「な、なんじゃ・・・」
山縣「いやぁ、皆、お館様に叱られるんじゃないかと思っておりましてな」
信玄「まぁ、たまには違うのも良いかもしれんしな」
山縣「それを聞いて安堵いたしました。昌幸は黄備え
昌信は緑備え、馬場ちゃんに至っては最近流行のピンク備えでして、
皆で武田戦隊だーって浮かれていたところで・・・」
信玄「・・・・・」
山縣「お、お気に召しませぬか?・・・もちろん赤の
隊長は、お館様の担当なのですが・・・」
信玄「・・・頭が痛くなってきた、もうよい退がれ」
山縣「えーっ、決めのポーズもあるんですが・・・」
信玄「・・・・」
上様、ネタ投稿はこちらから

上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事