上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事 

一色義定 さんからのご投稿(2001.01.07)
大森城の城門の前で、二本松畠山義継と伊達輝宗が言い争っている。

義継「なんだよ!どうしたんだよ!
さっきは一緒に駆け落ちするって言ってたのに!!」
輝宗「冗談に決まってるじゃないか!
なんでおまえなんかと駆け落ちしなけりゃいけないだ!
俺には女房も子供もいるんだ!」
義継「なんだと!ひどい!俺の純情を踏みにじったのか!
くそっ!こうなったら、意地でもおまえと駆け落ちしてやる!」

・・・これが、伊達輝宗拉致事件の真相である。(大嘘)
丹波大納言 さんからのご投稿(2000.11.30)
左近「殿!こっ、小早川が裏切りました。」
三成「なに〜!小早川に裏切られては、勝負あったか....」

しばし見つめ合う主従。

左近「ささっ、殿も早く落ちのびくだされ」
三成「お〜、では、左近が身につけてる小早川の旗差しものをよこせ!」

かなり見つめ合う主従。

左近「....」
三成「....」
丹波大納言 さんからのご投稿(2000.10.04)
元春「信長が着陣すると、ちとまずいな。」
隆景「ここはひつと、秀吉をだますか?」

元春「ほ〜?」
隆景「明智光秀が信長を討ったという事にして、
密書を持たせた使者を秀吉の陣へ...」

元春「なるほど、あわてた秀吉はすぐさま、
この備中から退却するか?」
隆景「ではさっそく手配つかまつる。」

仲良し兄弟の策謀で、秀吉は歴史より先に動くのであった。
馬鹿武者 さんからのご投稿(2000.09.01)
♪3年目の浮気の節で

信玄「3年目〜の浮気ぐらいおおめにみてよ♪」
源助「手紙を書い〜て謝ったって
許してあーげーないっ♪」

勘助「・・・」
BUBUBU さんからのご投稿(2000.08.14)
秀吉「おい、三成、きりすと教とはいかなるものじゃ?」
三成「なにやら、島津の紋を身につけておるそうですぞ。」
秀吉「何!きりすと教は島津の家臣が変装しているのか?」
秀吉「追放せい!!」
キム之進 さんからのご投稿(2000.06.20)
徳川家光「おお、十兵衛。今日はどうした?新しい技でもあみ出したのか?
これ、部屋を暗くして、どうしたのじゃ?何じゃ?
明かりを出して自分を照らして…、何じゃ、影が出来ただけではないか!」
柳生十兵衛「・・・柳生新影流・・・」
徳川家光「……。」
A さんからのご投稿(2000.06.02)
天下分け目の関ヶ原戦場「吉川広家」の陣にて

広家「よし!今から飯にするか!」
重臣A「ははっ!これで毛利勢は戦場へは出られませんなぁ!」
広家「うむ。わしも握り飯を……。あぁっっ!?」
重臣B「如何なされました?あっ!」

握り飯がコロコロと落ちていく

広家「まてぇ〜〜〜〜〜!」
重臣、その他の兵「殿ぉ〜〜〜〜〜!」

一方、毛利勢

物見「吉川隊が動きましたっ!」
毛利家重臣「今から戦場へむかいましょうぞ!殿!」
毛利勢「おぉーーーー!」

これにより、東軍敗退。
波多三河守 さんからのご投稿(2000.06.02)
金森長近「織田有楽斎殿、そろそろ茶会を催そうと存ずるがいかがかな
な、なにっ、蒲生郷舎を討ち取られたとなっ!
そなた、関ヶ原で茶会を催す為に出てきたのではなかったのかっ。
拙者はそのつもりだったのに……」
織田有楽斎「……。」
BUBUBU さんからのご投稿(2000.06.02)
家臣A「よしもと」
今川義元「何じゃ!呼び捨てにするな」
家臣A「の漫才はいつ見ても笑えますな」

家臣B「おまえを殺して俺も死ぬ」
今川義元「義元殿ご乱心〜」
伊東伊東斎 さんからのご投稿(2000.06.02)
光秀「何故だ!…何故殿はこの光秀を眼の敵になさるのだ?…」
信長「何故だ!…何故光秀は虫歯が痛むときに限ってワシの前に現れるのだ?…」

明知光秀は凶暴なまでに運が悪かった……。
上様、ネタ投稿はこちらから

上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事