上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事 

蘭ボ−丸 さんからのご投稿(1999.08.27)
信長「おい!蘭!」
蘭丸「 はツ!!」

蘭丸は殿のもとえと風のように走つた。足音もなく、ただ衣擦れの音だけを長い回廊に残しながら。

信長「おい!蘭!
蘭っ!蘭はおらんか!……。なア−んちヤつて−!!」
蘭丸「¥#$%*!!」

蘭丸は、力いつぱいすつころんだのであつた。
キム之進 さんからのご投稿(1999.05.26)
徳川家康「忠次!駿府への引越し、そちに一任するぞ」
酒井忠次「べんきょ〜しま〜す!」
キム之進 さんからのご投稿(1999.05.26)
徳川家康「忠勝!そちは世間から”すぎたるもの”と、呼ばれているそうじゃな?」
本多忠勝「はっ、恐れながら…」
徳川家康「では、”すきま風”を歌ってみせよ」
本多忠勝「…恐れながら、それは”すぎりょ○たろう”…かと…」
キム之進 さんからのご投稿(1999.05.26)
武田信玄「多田!」
多田満仲「はっ!」
武田信玄「ただ、呼んだだけじゃ」
多田満仲「……」
武田信玄「おのれ、満仲!血迷ったかーー」
@透@ さんからのご投稿(1999.05.25)
武田信玄「うーん 塩がないこまったのう」
家臣A「越後の謙信公より、白いものが…」
武田信玄「何っ!謙信が…にくいのう塩をおくるなんて…」

翌日…

家臣A「領民がらりっております!!」
武田信玄「何!麻薬であったか!はかったな謙信!」

そのころ越後

上杉謙信「まちがえたー!あれがないと戦に勝てないよぉー」
キム之進 さんからのご投稿(1999.05.25)
豊臣秀吉「政宗…何故に遅参したのじゃ!」
伊達政宗「だって〜、……」
キム之進 さんからのご投稿(1999.04.27)
斎藤家家臣「殿、信長が来ます!」
斎藤道三「う〜む、うわさ通り、”うつけもの”じゃのう……」
斎藤家家臣「いえ、かじっているのは、生のだいこん でございます……」
斎藤道三「何じゃ?わしにボケをかませと、申すのか?」
斎藤家家臣「め、め、めっそうもございませぬ。
そんな、”おつけもの”…だなんて……」
斎藤道三「ふっ…、将来、やつのもとに馬を繋ぐ事になりそうじゃ……」
キム之進 さんからのご投稿(1999.04.27)
佐々木小次郎「やっと来たか、武蔵!」
宮本武蔵「待たせたな、小次郎。いくぞ!ふんふんふんふん……」
佐々木小次郎「な、何じゃ??そんなに激しく首を動かして……」
宮本武蔵「ふふふ…我が秘技、”2頭流”
じゃあ!素早い動きで頭が2つある様に見えるじゃろ!」
佐々木小次郎「……秘技、燕返し!」
宮本武蔵「あぎゃーーー」

こうして、宮本武蔵は巌流島に散った。あれ?
キム之進 さんからのご投稿(1999.04.27)
我が主、今川氏真殿はバカ殿の代表のように言われておりますが、
こんな殿でも駿河の大名。命も狙われるのです(と言ってもどーせ、
蹴鞠仲間の妬みだろうが……。蹴鞠だけは上手じゃからなあ)。
そんなある晩……。

氏真「な、なにやつ!! まげもの、まげものじゃあ〜〜」
泰朝「と、殿・・・く・せ・も・の・・・で、御座いまするう……。」
丹波大納言 さんからのご投稿(1999.04.23)
本能寺の光秀「う、上さま!昔年のうら…」
信長「おう!光秀!さっそく駆けつけてくれたか!」
光秀「いや、あの、お命をちょうだ…」
信長「光秀!どこのどいつか知らぬが、謀反ものに目にものみせてやれ!」
光秀「はは〜、あ、いやいや。う、上さま、人の話は最後まで…」

利三「との〜!ビシッと言いなされ!ビシッと!」
光秀「いや〜、わしゃ、ど〜も、ああいう人間は苦手で……」
上様、ネタ投稿はこちらから

上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事