今は見られないエリア、八角平まで

大手道から八角平まで写真で見てみよう

安土城の主郭を守る虎口は、「黒金門の虎口」「八角平方面の虎口」の2ヶ所。この八角平方面の虎口にもその堅牢さで魅力があり、通行可能だった17年前頃の写真でご紹介します。

※現在、天主台から八角平方面は通行止めとなっています。

大手道

大手道安土城には、4つの登城ルートがあるが、その中で驚かされるのがこの大手道。賓客を迎えるための道とも言われ、直線で約80m、されから左右に折れ曲がり黒金門まで続く。画面は大手道前半部分。登りきった先は一部発掘調査でもそのルートが明らかにならない箇所があるがその大部分が解明されている。西洋の城に似たこのシンボル的存在には驚かされる。

伝羽柴邸 主殿跡

伝羽柴邸 主殿跡平成元年からの発掘調査で76個の礎石をもつ屋敷があったことが判明。現在は木々が伐採され整地されている。厩跡、主殿跡と、すぐ近くの安土城考古博物館でその復元模型や再現ビデオを閲覧することができる。このアングルの後ろ側、大手道を挟んで向こう側には、現在のそう見寺があるが、ここは伝前田利家邸跡。2000年現在、発掘調査が行われている。

大手道

大手道直線だった大手道がS字カーブを描きさらに上へ。階段には転用石として墓石も用いられている。

大手道

大手道大手道は写真奥から再び直線で進み、城内で堅固な門、黒金門に向かう。写真手前あたりが大手道のルートが発掘調査でも明らかにならなかったところ。現在は石階段が復元されている。

大手道の終点

大手道大手道の終点で写真奥が黒金門跡。このあたりから安土城の風景は巨石を用いた石垣に一変する。

黒金門から守りの堅いエリアへ

黒金門跡大手道を登るとこの黒金門で風景は一変する。後の城郭に多数見られる完成した虎口が出現する。二の丸への入り口であるこの虎口にあった門が黒金門である。この門を境に下は家臣団の屋敷、上は信長の住居ともいえる生活空間と天主などが存在し、黒金門より内側は主郭といっていい構造だ。城内で最大級の石垣を使用しその門の堅固さは、これより内側の大切さを物語る。鉄板張であったとの言い伝えからその名が付けられている。

二の丸へ向かう

二の丸へ向かう黒金門の虎口を抜けた風景。左正面は二の丸石垣で、二の丸、本丸へは右手へ進む。石段付近に「二の門」があった。

二の丸下南帯郭

二の丸下南帯郭壮大な石垣を誇る二の丸への入り口。ここは、黒金門からさらに「二の門」をぬけたあたりで、正面の階段を上ると本丸台に突入する。上って左が信長廟、右が本丸御殿跡。

伝信長公足跡

伝信長公足跡信長の足跡とも伝わる謎の石。石段の途中にある。

蛇石とも伝わる巨石

蛇石ともいわれる巨石階段を登るとこの巨石に出くわす。古くから信長公記に出てくる「蛇石」と言われる巨石ではないかとの説があったが、近年は蛇石は天主台の下にあるのではという説もある。また、この右手石垣のふもとでは発掘で小屋を建てた跡が見つかったらしい。

信長廟

信長廟二の丸に秀吉が建てたと伝わる信長の墓がこの信長廟。四方を頑丈な石垣で囲い、中央にあまり見ない形の墓塔がある。二段の石積みの上には大きめの石が中央に据えられ、一説には信長を神として拝ませた石、「盆山」だと言う。

本丸御殿跡へ向かう

本丸御殿跡へ向かう写真奥が本丸御殿跡。左は天主台石垣。

本丸御殿跡

本丸御殿跡今は木々が生い茂り実感しにくいが、ここで多数の礎石が見つかり、中庭を囲んで3棟の建築物があった。千畳敷御殿とも言われている。

台所跡を望む

台所跡を望む発掘調査で台所の釜跡が出土した天主台東側。安土城天主が焼け落ちた方面。後に紹介する八角平方面への石階段を登り食事を届けていたと見られている。

天主台へ

天主台へ天主台へ登る石階段。ここを登ると天主の地階となる。この付近は特に瓦が散乱している。

天主台礎石

天主台礎石現地に立つとなによりも八角形のスケールを体感できる。中央部の礎石が無いこともちらっと見ておこう。

天主台から琵琶湖を望む

天主台から琵琶湖を望む信長も見た風景。空気が澄んでいるときは琵琶湖の対岸まで見られる。

天主台から八角平方面へ下る

天主台から八角平方面へ下るここから現在通行止めとなっているエリア。堅牢な穴太済み石垣の階段が続く。

落城時の火災で赤く変色した石垣

火災で赤く変色した石垣石階段を少し降り、振り返ったところ。石垣が赤く変色しているのは火災の跡。この通路を降りていくと、黒金門同様に、堅牢な虎口に出会う。

八角平方面の虎口

八角平方面の虎口安土城の主郭を守る虎口。正面に進めば台所の釜跡、左に曲がれば搦手道や八角平。

八角平方面の虎口、門の礎石

八角平方面の虎口、門の礎石虎口には門の礎石が見られる。

八角平方面の虎口を上から

八角平方面の虎口を上から黒金門とともに、主要エリアを守る虎口。その堅牢さが伝わる。

搦手道付近から八角平方面の虎口を望む

搦手道付近から八角平方面の虎口を望む虎口を抜けて振り返ったところ。写真には写っていないがちょうど左手が搦手道からの合流点。搦手道はゆるやかなスロープが続く道で物資の搬入に使われていたそうだ。

八角平

八角平八角平の風景。17前の写真だが、すでに朽ち果てた案内板が見える。当時は、八角平まで来れば、搦手道から下山するか、大手道までルートを戻る道のりだった。

今、あなたにオススメ