旧第四師団司令部庁舎

旧第四師団司令部庁舎は、鉄筋コンクリート造、地上3階、地下1階で、大阪城天守閣を再建する際、寄附金150万円のうち半分以上の80万円を投じて昭和6年(1931)に建てられた。昭和天皇の大阪城行幸の際に貴賓室として使用された部屋があるほか、内部は随所に意匠が施されている。屋上は高射砲陣地として戦前は機能し、一段高いところには機関銃の銃座が今も残る(機関銃銃座は今後も非公開)。館内はこれまで特別公開時のみ入ることができたが、これからは「ミライザ大阪城」の営業中は入ることができる。江戸・戦国時代ではないが、今や歴史的建造物なので、ちらっと建築意匠などを見ておくと良いかもしれない。

今、あなたにオススメ