淡河城

住所:兵庫県神戸市北区淡河町淡河 / 兵庫県 / 城ファンチェック: 5

写真:岡 泰行

交通アクセス交通アクセス

マイカー利用

山陽自動車道、三木東ICから、県道38号線を東へ。道の駅「淡河(おうご)」を目指す。道の駅の南西にある丘が淡河城址(おうごじょうし)。道の駅に駐車(駐車場23台)を。

文献資料文献資料

道の駅「淡河」駐車場に設置されている案内板に淡河城の沿革が解説されている。また、稲荷神社拝殿(本丸)の中に、淡河城についての解説資料が若干だがある。

撮影アドバイス撮影アドバイス

道の駅から全景を。といっても北側からの撮影になるので逆光覚悟。デジカメの設定で逆光補正を。

兵庫県の観光おすすめ兵庫県の観光おすすめ

竹慶寺跡の淡河氏歴代城主の墓碑淡河氏の菩提寺だった竹慶寺跡(淡河城二の丸跡)に、淡河氏歴代城主の墓碑と、発掘で出土した石碑がある。忘れずに見ておこう。(場所は上記Googleマップ参照)

 

淡河弾正の墓・八幡森史跡公園淡河城(おうごじょう)は、三木城封鎖に際し、食料などの補給ルートを確保した重要な役割を担った。三木合戦のときの城主は、淡河弾正忠定範。別所長治の義理の伯父で、智勇共にすぐれた武将。三木城封鎖に際し、羽柴秀長に淡河城を攻められるがこれを撃退、その後、三木城に入城し、大村合戦のとき、三木城の北西にある現在の八幡森史跡公園付近で最後を迎えた。

 

淡河宿道の駅「淡河」の北側には、三木と有馬温泉を結ぶ「湯の山街道」がある。この地は宿場町淡河宿として栄え、淡河宿本陣跡石碑や、多少の町並みが残る。宿場町として栄えた淡河宿は、秀吉時代以降のこと。この街道は、東に行けば有馬温泉、西に行けば三木城の西にある滑原(なめら)商店街へと続く。戦国時代は、秀吉も街道を頻繁に往来した。

城ファンチェック (5)

  • avatar

    2014.03.10 shirofan さんより

    淡河城(おうごじょう)の本丸は畑となっており、その東側、南側に土塁が残る。東側の土塁上に、天守台が残り、淡河氏子孫が書いた淡河城址の石碑がある。

  • avatar

    2014.03.10 shirofan さんより

    本丸東側には規模の大きい空堀が残り、二の丸と区切られている。この空堀は見ておきたい。

  • avatar

    2014.03.10 shirofan さんより

    秀吉の播磨侵攻時の淡河城付城群もチェック。南付城、西付城、東付城、天王寺山城と、四方を囲うかたちで、付城が築かれた。そのうち南付城は、土塁や虎口跡が見られるが未整備の山城。

  • avatar

    2014.03.10 shirofan さんより

    道の駅からよく見えるよう、模擬櫓がそびえている。城山は比高20mだから気軽に登れるぞ。

  • avatar

    2014.03.10 shirofan さんより

    三木城とセットで攻める城。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている淡河城ネタをご投稿ください

お城めぐりFANライブラリ:淡河城フォト

あわせて読みたい