福原城(佐用城)

住所:兵庫県佐用郡佐用町佐用 / 兵庫県 / 城ファンチェック: 3

写真:岡 泰行

交通アクセス交通アクセス

鉄道利用

JR姫新線、佐用駅から、国道179号線を南へ徒歩15分。

マイカー利用

中国自動車道、佐用ICから国道373号線を南下、国道179号線に入り、JR佐用駅付近のいちょう園の南あたりで、国道沿いに「佐用城跡」の看板が出ている。集落に入ると狭い道でUターンが難しいので、国道沿いに危険のないよう駐めるしかない。

近郊グルメ近郊グルメ

北へ7km、利神城の麓、道の駅「宿場町ひらふく」までどうぞ。ご当地ものは「自然薯」「獅子肉」「丹波黒枝豆」など。「獅子肉」は獅子肉コロッケなるものが道の駅で150円で売っているぞ。また、毎年10月第2週あたりになると「丹波黒枝豆」の収穫時期。肉厚で味わい深い丹波黒は、道ばたで販売していることがある。

兵庫県の観光おすすめ兵庫県の観光おすすめ

赤松の城郭群を形成していた利神城上月城、白旗城などが近い(詳しくは上記Googleマップ参照)。

城ファンチェック (3)

  • avatar

    2001.04.30 黒田官兵衛 さんより

    中世に築かれた代表的な「平山城」で、南面に川、後背に山の「城堅固」の立地で、空堀、防塁、馬落としなどよくその原型をとどめている。
    元弘3年(1331)4月28日、淀の久我畷(くがなわて)の戦いにおいて鎌倉方の総大将名越尾張守高家(なこえおわりのかみたかいえ)をただ一箭に討ち取った佐用兵庫介範家(さようひょうごのすけのりいえ)の築城と伝えられ、その後、赤松三十六家衆のうちの福原氏(ふくはらし)がこの城を継いだので、福原城とも言われている。
    戦国時代末期、東西の勢力拮抗の狭間で、西の上月城、南の高倉城、東の利神城とともに赤松一統の城郭群を形成していたが、天正5年(1577)11月、上方勢の羽柴秀吉との攻防により落城しその役割を終えた。
    後世、土地の人々によって、時の城主福原藤馬允則尚(ふくはらとうまのじょうのりなお)の首級を祀るため城跡に一社が造営され、「福原霊社(俗に頭(こうべ)様)」として今に広く崇敬されている。

  • avatar

    2014.03.31 shirofan さんより

    竹中半兵衛と小寺官兵衛が、秀吉の命により攻め落城。福原城跡には、福原城主を祀った福原霊社がある。福原氏は赤松三十六衆のうちのひとり。

  • avatar

    2014.03.31 shirofan さんより

    福原城(佐用城)跡は、周囲の田んぼに切岸らしき跡と、堀切と思われる道路が残っている。小規模な平山城なので、攻略時間は15分といったところ。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている福原城(佐用城)ネタをご投稿ください

お城めぐりFANライブラリ:福原城(佐用城)フォト

あわせて読みたい