今治城

住所:愛媛県今治市通町3-1-3 / 愛媛県 / 城ファンチェック: 5

写真:岡 泰行

開城時間開城時間

3月~11月はAM9:00~PM5:00(入場PM4:00)、12月~2月はAM9:00~PM4:30(入場PM4:00)。休館は年末年始。大型駐車場有り。

交通アクセス交通アクセス

鉄道利用

JR予讃本線、今治駅下車、せとうちバス「今治営業所行」約7分「今治城前」降車。

マイカー利用

しまなみ海道、今治ICから東へ約4.7km(約12分)。または、今治小松自動車道、今治湯ノ浦ICから北へ9.1km(約17分)。いずれも今治城を目指す。今治城東側すぐに有料駐車場有り(56台)。

文献資料文献資料

「江戸(嘉永)時代 大名紋章城郭図」「徳川幕府諸候格式一覧表」どこにでも売ってそうだが、私はここでしか見たことがない(各500円位)。
[城山神々 (1998.02.03)]

模擬天守内部が資料館になっており、古絵図や藩祖藤堂高虎にまつわる展示物は貴重。
[城山神々 (1998.02.03)]

近郊グルメ近郊グルメ

今治は「日本一の焼き鳥シティ」と呼ばれ一万人あたりの焼鳥屋が一番多いそうです。今治の焼鳥は、鉄板で焼くそうで、脂っこいかなぁなんて思いましたが、これが全然脂っこくもなく、とても美味。今治城へ行ったときには、是非焼き鳥を食してみてください。
[nozomu (2001.02.14)]

「珠鳳」中華料理。国道317号線を松山・道後方面に進み、今治バイパス(国道196号)との交差点を右折。100m程度進んだ後、道路左手に少し入った所。分かりにくいので、右折後はゆっくり慎重に進行した方が良いです。
[Y.Akatsuka. (1999.11.02)]

宿泊宿泊

今治国際ホテルから今治城を望むJR今治駅前にリーズナブルなビジネスホテルが数軒ある。
いやここはちょっと贅沢にという場合は、今治城が海と一緒に撮影できる「今治国際ホテル」。23階建のタワーホテルで22階がラウンジやBarなどがあり、21階がスイートルーム。今治城側は、20階以下がシングル・ダブルルームとなっている。ダブルルームはシングルルームの2人利用だが、ベッドはキングサイズ、27.7平米とかなりゆったりできる。窓からの眺めは良く、今治城の天守まで少し距離があるが、200mm望遠で充分狙える距離だ。アングル的に天守の最上階が海の上に出てほしい場合は、おそらく15〜17階あたりに泊まればベストなアングルが得られるだろう。なお、新館・旧館とあるが、旧館がタワー部分なので予約の際には注意しよう。

または松山泊にして、道後温泉の旅館街を狙うも良し。

愛媛県の観光おすすめ愛媛県の観光おすすめ

 

今治城(美須賀城)移築城門・乗禅寺慈照門今治藩主の墓、今治城移築城門(延命寺山門)、移築城門(乗禅寺山門)など。ちなみに乗禅寺山門は、今治城の武家通用門を移築したもの。現地案内板には「美須賀城」とあるがこれは今治城の別名。

 

来島そのほか、波止浜港から来島水軍の島「来島(くるしま)」や、芸予要塞跡「小島(おしま)」に渡る船が出ている。余談ではあるが、小島の東南にある島を「馬島」といって今治藩が馬の放牧を行っていたことが島名の由来。今治を、しまなみ海道の海賊の城への拠点にしても良い。

城ファンチェック (5)

  • avatar

    1998.02.03 城山神々 さんより

    三重の堀をめぐらした高虎の経始も、内堀に泳ぐボラの群れに海城であることを意識する程度。堀に沈んでる自転車。私は二台発見。

  • avatar

    1998.02.03 城山神々 さんより

    昭和五十八年建造の天守(鉄筋コンクリート)は旧北隅櫓跡に丹波亀山城の古写真を基に「再建」し、「築城当時の勇姿を再現した」そうだが、亀山城天守が史上初の層塔型天守であるのに対し、この天守はどちらかといえば、過渡期型に分類できる外観意匠を呈しており、模擬天守以外のなにものでもない。絵図・文献や遺構からも天守の存在が確認できない上に、あたかも確実に天守が存在していたかのような場内の説明を見ると、丹波亀山の天下普請に今治城天守が差し出されたという話自体、作りごとに思えてしまう。

  • avatar

    1998.02.03 城山神々 さんより

    平城の城跡というのは、堀の外周に沿って道路が鋪装されてるせいか、どうも「市民公園」のイメージがつきまとい、どこまでが遺構なのか判別し難い。 幸い、今治の五層六階の展望台からは、目前に広がる来島海峡が臨め、ここが海城であること、古絵図に見る内堀以内の形状がよく残ってることが碓認できる。

  • avatar

    1999.11.02 Y.Akatsuka. さんより

    城内の展示物は近世の古文書が中心。江戸幕府将軍の代替り毎に、知行の目録などその大名家の領地を明記したものもあった。非常にいい文書でした。ただ疑問に感じたこともあります。久松松平家は松平ということですが、菅原氏の子孫ということでした。じゃあ、どうして家康は源氏子孫で征夷大将軍に就任できたのでしょうか。まあ、久松家は父方が違う系譜だからですかねえ?とにかく300円で入場できて近くの展示室2つもその券で入れるなんてお得です。真面目に展示を見ると、3時間近くかかります。

  • avatar

    2015.09.11 shirofan さんより

    2015年9月10日に、今治城の堀でサメが泳いでいるのが確認された。ドチザメといって、人に危害は与えないらしい。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている今治城ネタをご投稿ください

お城めぐりFANライブラリ:今治城フォト

あわせて読みたい