能島城

住所:愛媛県今治市宮窪町宮窪 / 愛媛県 / 城ファンチェック: 6

写真:岡 泰行

開城時間開城時間

村上水軍博物館前から潮流体験の船が出ているのでこれに乗る。かつては能島の周囲を船でまわるのみで4月に桜を観るために上陸が許されていたが、2016年度は、潮流体験に加え上陸もできるクルーズがある。出航日が決められているため、必ず事前確認を。平日は原則として運航していないが、10名以上で予約ができることもある。詳しくは下記サイトで。

 

ちなみに筆者は2001年、2014年と二度、能島に上陸しているがこの時は、こういったクルーズが無く、とある城ファンのご尽力で2時間30分と充分に時間を設けたかたちの上陸となった。上記ツアーの方は、上陸できる時間も決まっていて、周囲720mの小島だが能島城全体の遺構をくまなく見ようと思えば時間が足りないので、村上水軍博物館に立ち寄り縄張図を参照して、岩礁ピットと本丸に絞ろうとか、予めどこを見るか決めておくと良いかも。

また、島だからといって服装は油断してはいけない。例えば夏にいくにしても、海だからサンダルでといきたいところだが、蛇などいたら大変なので、しっかり運動靴でどうぞ。能島にはトイレも無いので船に乗る前に済ませておこう。

交通アクセス交通アクセス

マイカー利用

しまなみ海道、大島北ICから東へ約3km(6分)、村上水軍博物館を目指す。村上水軍博物館前が、潮流体験の乗り場。

文献資料文献資料

村上水軍博物館「今治市村上水軍博物館」へどうぞ。能島城の縄張図や水軍に関わる展示が豊富。村上水軍博物前に、村上武吉、村上元吉、村上景親の石像があるぞ。

撮影アドバイス撮影アドバイス

カレイ山展望公園「カレイ山展望公園」から島を見下ろすかたちで眺望が得られるぞ。カレイ山展望公園は村上水軍博物館から、車で4.4km(約13分)(今治市宮窪町宮窪6355-2)。詳しい場所は上記Googleマップ参照。

近郊グルメ近郊グルメ

物産館兼魚食レストラン「能島水軍」村上水軍博物前の船乗り場に、物産館兼魚食レストラン「能島水軍」がある。生け簀もあって海の幸ずくしで海鮮バーベキューも。

宿泊宿泊

付近に宿泊処はない。しまなみ海道を渡って、海賊の城めぐりと考えれば、本州側の尾道か福山城付近で一泊か、四国側の今治城付近で宿をとることを考えよう。

愛媛県の観光おすすめ愛媛県の観光おすすめ

幸賀屋敷跡

幸賀屋敷跡最も能島から近い歴史スポットといえば、能島村上水軍の館跡と推定されている幸賀屋敷跡。台地と井戸跡、石碑のみ。丘陵上には宮窪城跡がある(宮窪城は遺構や石碑は無い)。詳しい場所は上記Googleマップを参照。

 

能島村上水軍の当主、村上武吉の墓

村上武吉の墓能島村上水軍の当主、村上武吉の墓は武吉夫人の墓とともに、ちょっと遠いが周防大島にある。瀬戸内海で勢力を誇った村上水軍は、関ヶ原の戦いの後、消滅。能島村上水軍の当主、村上武吉は周防大島(山口県)の小さな集落で最後の3年を過ごし1604年に没した。集落近くの瀬戸内海を見下ろす山に、今もひっそりと眠っている。明治になり、武吉が著わしたとされる水軍の兵法書が、秋山真之によって日本海海戦の際に参考にされたとのだとか。詳しい場所は上記Googleマップを参照。

 

しまなみ海道の有名城 + 大山祇神社をセットで

大山祇神社しまなみ海道で有名城であれば、本州側から順番に「因島水軍城」、「甘崎城跡」、「木浦城跡」、「来島」、「小島(芸予要塞跡)」といったところ。もちろん、大三島にある大山祇神社も忘れずに。源義経・源頼朝・武蔵坊弁慶などが奉納した武具のほか、武家にまつわる国宝や重要文化財が多数見られる。また、非常に珍しい女性用の鎧(紺糸裾素懸威胴丸)がある。ちなみに、鶴姫のものとされているが定かではないらしい。鶴姫は戦国時代の伊予の女性で大三島合戦で活躍したという伝承がある。

城ファンチェック (6)

  • avatar

    2000.04.10 shirofan さんより

    普段は、潮流体験のボートに乗って、能島の周囲をまわるしかない。周囲からは、岩礁ピットはさすがに見られないが、船着き場跡や武者走などが見られる。そして、なによりも、その動きを知らなければ近寄ることさえできない潮流の速さを体感できる。

  • avatar

    2000.04.11 shirofan さんより

    能島城は島のまわりの潮流が激しく、その流れを把握していなければ、島に近寄ることができない。水軍の城は、まわりの潮流が城の水堀の役割を果たし、敵を寄せ付けなかった。能島城の周囲は最大10ノットの潮流(時速約18km)と体感するととんでもない速さ。

  • avatar

    2013.03.20 城好きの匿名希望 さんより

    史跡能島城跡の石碑は、能島に上陸しなければ見ることができない。また、簡単な縄張図案内板も島内にある。

  • avatar

    2013.11.01 城好きの匿名希望 さんより

    著書『村上海賊の娘』和田竜による歴史小説の舞台のひとつ。

  • avatar

    2014.09.20 shirofan さんより

    海賊の城では、岩礁ピットがその見どころ。2001年現在で、柱の根元部分が入ったままの岩礁ピットがあったが、2014年に再訪するとさすがに無かった。また、10年の歳月で、波に洗われてピットの数も減ったような印象を受ける。

  • avatar

    2016.05.13 shirofan さんより

    約150本の桜(ソメイヨシノ)があり、風情ある桜の名所としても知られているが、これらは昭和初期に観光資源として植えられたものだ。近年、この桜が地中の地鎮祭を行ったされる遺構を破壊していることが確認され、今後、伐採や移植を進める方針なのだとか。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている能島城ネタをご投稿ください

お城めぐりFANライブラリ:能島城フォト

あわせて読みたい