白河小峰城

住所:福島県白河市郭内 / 福島県 / 城ファンチェック: 10

写真:岡 泰行

交通アクセス交通アクセス

鉄道利用

JR東北本線、白河駅下車、徒歩5分。駅の出口は南側にしかないため、改札を出て左手にある高架下の連絡通路を徒歩で抜けて北側に抜け、城へどうぞ。その連絡通路には、白河小峰城の歴史や白河の歴史がパネル展示してあるぞ。

マイカー利用

東北自動車道白河IC下車、約10分(3km)。JR白河駅前の無料駐車場(30台)を目指す。駐車場が三ノ丸。

文献資料文献資料

「丹羽長重と小峰城」城址内の集古苑で販売。
[大井 明 (1999.06.16)]

撮影アドバイス撮影アドバイス

主に二ノ丸、または前御門から。搦手側は桜の時期など隠れた撮影スポット。

近郊グルメ近郊グルメ

とら食堂」ラーメン屋。福島県白河市は、市内80店舗の麺処があり、その中の中心的存在。場所は白河市双石字滝ノ尻。JR白河駅よりバス15分だが、タクシー利用で「とらそば」と言えば場所が通じる超有名老舗。行列覚悟のこと。またもっとカジュアルにということであれば、JR白河駅構内にある「えきかふぇ」でご当地バーガーが食べられます。メープルサーモンのカツと白河豚のカツの二種類がありますよ。
[光秀 (2010.08.07)]
[さよ (2010.08.07)]

宿泊宿泊

いっそ那須湯本温泉郷に一泊し白河・棚倉を攻められては?
[大井 明 (1999.06.16)]

福島県の観光おすすめ福島県の観光おすすめ

白河小峰城の東へ徒歩散策を。「戊辰薩摩藩戦死者墓」や「旧小峰城太鼓櫓(移築)」、「蛇尾の石垣」がある。また、最近の新たな見どころとして、JR白河駅の南側に道場門跡の虎口がある。石垣とともに発掘整備された虎口でその規模が実感できる。また、さらに通なところといえば、「スローライフゆう工房」。その裏庭に外堀土塁が残っているぞ。頼めば見せてくれるかも(いずれも上記Googleマップ参照)。

そのほか城外で見どころは、「丹羽長重廟(白河藩大名家墓所)」白河城の前身で中世山城「白川城跡(別名:搦目城)」関東からの東北への入口で堀跡が残る「白河関」など。もっと旅の風情が欲しいときは、白河藩主、松平定信が造営した景観が美しい「南湖公園」へどうぞ。

城ファンチェック (10)

  • avatar

    1999.06.16 大井 明 さんより

    兎に角石垣が立派です。現在城跡は本丸以外消滅していますが、この本丸の石垣こそ白河城の白眉といってもいいでしょう。本丸の正門、清水門跡を入ると正面に高石垣が聳えますが、左右に半円状の積み方をしている部分が有り、謎です。

  • avatar

    1999.06.16 大井 明 さんより

    平成に御三階櫓とそれに続く御前門が木造で古図「御櫓絵図」(1808年の一級資料、諸門諸櫓の建地割図集)に従い忠実に復元され、かつての「石垣だけが立派」という状態から変貌しています。

  • avatar

    1999.06.16 大井 明 さんより

    別名「小峰城」ともいう。鎌倉時代より結城白川氏が所領していたこの地を天正18年豊臣秀吉の命で蒲生氏の所領となった。その後寛永四年、幕命で丹羽長重(織田信長に仕え秀吉出世の足がかりとなったあの丹羽長秀の子。秀吉没後一時丹羽家は取り潰され、その後復活した。何とも数奇な)が入封し、中世城郭だった小峰城を近世城郭に修築した。寛永9年完成。その後松平諸家が交代で入封、幕府直轄となり幕末の戊辰戦争を迎える。戊辰戦争白河口の戦いで、会津藩の攻撃を前に守備兵が城を焼いて退却したため主要部は焼失、その後の戦い・破却で建造物は失われた。

  • avatar

    2002.10.15 Takashi さんより

    白河城は城の現在、本丸と二の丸の一部を残しているのみですが、不等辺五角形をしていたという外郭の石垣北東部分が、御三階から国道294号線へかけて500mほど残っています(端の方は森林化しており不明瞭)。郭の内部も市街地化しており、石垣の上に民家が建ち並んでいます。防御力の高そうな民家です。

  • avatar

    2003.09.18 のぶのぶなが さんより

    再建された御三階櫓には戊辰戦争の際、激戦地となった杉の古木を使用している。その古木には多数の弾痕があったらしく、実際、城内の柱や床板にもその痕跡を見ることが出来る。ちなみにそのあとは分かり易く「ここが弾丸のあと」と言うような感じで明示してある。

  • avatar

    2006.04.05 城の観光好き さんより

    二の丸にある公衆トイレは、化粧処を外観復元した建物らしい。もちろん木造に白漆喰と本格復元だが、中身はしっかりトイレ。

  • avatar

    2010.08.07 さよ さんより

    石垣の同心円状のつみ方は、谷積みというそうです(詳しくは、ボランティアの方がよくご存知です)。この積み方は、姫路城と名古屋城と白河小峰城だけだそうです。

  • avatar

    2010.10.03 雑兵 さんより

    この連休に行ってまいりました。石垣は壮大でした。本丸は料金も無料で吃驚です。『武士の一分』で撮影に使用されたみたいですよ。

  • avatar

    2015.01.22 城好きの匿名希望 さんより

    2013年に発生した東日本大震災により石垣の崩落をはじめ施設全体に甚大な被害がありましたが、現在修復作業が進められており、2015年4月に入城できるようになりました。

  • avatar

    2016.02.24 shriofan さんより

    3.11の震災で、石垣が崩落。本丸南面の落し積みはすでに修復済み。城域すべての石垣修復は、平成31年までかかるであろう見込み。平成21年に国史跡指定を受けたので、この時の状態に忠実に戻すことを目指している。
    崩落した石材の中には、どこに使われていたか不明なもの、割れてしまったものも中にはあるそうで、これらは新しい石材に置き換わるらしい。現在、本丸へは西側の桜之門跡から登城できる。三重櫓はすでに修復を終えて内部見学可。三重櫓に続く前御門は、本丸内側(西側)からのみ見られる。なお、前御門の正面(東側)が見られるのは、少なくとも2017年以降となるらしい。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている白河小峰城ネタをご投稿ください

お城めぐりFANライブラリ:白河小峰城フォト

あわせて読みたい