下津井城

住所:岡山県倉敷市下津井 / 岡山県 / 城ファンチェック: 6

写真:岡 泰行

交通アクセス交通アクセス

[鉄道] JR瀬戸大橋線、児島駅下車、バス10分「下津井」降車、徒歩10分。
[かもだい (1999.10.28)]

岡山県の観光おすすめ岡山県の観光おすすめ

下津井城眼下に見える浄山と呼ばれる丘、下津井古城へ。現在は祇園神社になっているが、源平合戦の時代の城跡で神社の北側に石垣が残る。また、その東側の道路に面した箇所にある削平地とその石垣は御台場跡。または、この位置だと常山城(岡山県玉野市藤木)が近い。JR常山駅下車、徒歩すぐで登山口。車で山頂付近まで上がれる。
[半兵衛 (1999.10.28)]

城ファンチェック (6)

  • avatar

    1999.10.28 かもだい さんより

    瀬戸大橋の側にあります。行ったのはずいぶん昔なのですが、石垣とか結構のこってます。たしか近世に整備したのは池田忠雄とかいう大名だったような…。

  • avatar

    1999.10.28 半兵衛 さんより

    公園化され草木が生い茂っていますが、石垣やその縄張りが立派に確認できます。岡山県ではお勧めのお城の一つです。

  • avatar

    2005.02.02 半兵衛 さんより

    天城陣屋跡は、倉敷天城高等学校付近で、遺構はすぐ近くの静光寺に陣屋の門が移築されているのみ。同校第二グラウンド入口には、お茶屋と呼ばれる石碑が建つ。またこの天城の正福寺に、下津井城の城門が移築され残っている。JR瀬戸大橋線・宇野線、茶屋町下車。

  • avatar

    2005.02.22 半兵衛 さんより

    瀬戸大橋架橋記念公園の一部として整備されており、東側の突端である中の丸まで行ける。

  • avatar

    2005.02.22 半兵衛 さんより

    岡山から瀬戸内海に大きな岬として突出している鷲羽山(わしゅうざん)のふもとにある。ここ下津井は瀬戸の要港だった。下津井一丁目に、回船問屋が現存しており、資料館として無料公開されている。回船問屋はAM9:00〜PM5:00(入館PM4:30)。定休は、火曜日(ただし祝日は開館)、祝日の翌日、 年末年始。

  • avatar

    2005.02.22 半兵衛 さんより

    近世城郭。もとは宇喜多氏時代に岡山城の出城として機能していたが、慶長8年(1603)に、岡山城主となった池田氏によって、西国大名に備える拠点として整備された。その後、池田由成が下津井城主となったが、寛永16年(1639)の一国一城令により下津井城は廃城となり、池田由成はほど近い天城に陣屋を構えて移った。なお、大手門跡近くの石垣はそのコーナー部を崩した破城の跡が見られる。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている下津井城ネタをご投稿ください

あわせて読みたい