京都の鱧

瀬戸内などから京都に運ぶ際に水が無くても、京都で再び水を与えると生き返ったかのように泳ぎだすことから重宝された。山に囲まれた京都でこの新鮮な魚を食べようと、骨切りの技術が生まれた。

何気に関連ありそうな記事