続櫓 大手口多聞櫓 大阪城の特別公開

続櫓は渡櫓とともに寛永5年(1628)徳川幕府によって建造されたが、天明3年(1783)に落雷で消失、その後、虎口の櫓台は石垣のみという状態だったが、幕末の嘉永元年(1848)に再建された。ペリー提督が黒船で浦賀に入港する5年前のことだ。

続櫓の入口

続櫓の出入口は3箇所ある。見学路の入口である南入口と、渡櫓への接続部手前東側にある東入口、そして渡櫓東室と結ぶ建物内の出入口だ。渡櫓東室の扉は後に触れるとして、順路通り南入口から見ていこう。

南入口

大阪城の二の丸の内側塁壁は芝土居になっている。櫓など建築物がある場合は、その城内側に石垣を築き、櫓を乗せている。出入口は通常、建築物の両サイドにあり、そこへのアプローチは、芝土居に設置された雁木(石階段)を登るかたちだ。現存の千貫櫓や乾櫓なども同じアプローチで造られているので覚えておこう。

続櫓の南入口を見てみよう。芝土居に12段の雁木があり、さらに櫓入口に6段の石段が設置されている。現在、写真の通り鉄製の階段が設けられているが、これは見学者が楽に登れるように設置されているもの。また、本来は、芝土居の雁木を登った堀際に土塀があった。その石垣の天端石(石垣の最上部の石)には笹石銃眼が使われている。この辺りの普請を担当した大名のの刻印(おそらく松平長門守(府内))があるのでチラリを見ておこう。

続櫓は実に厳重で、南側の壁の厚さは約35.7cmある。扉は二重扉になっていて、外側は土戸(漆喰塗り込め戸)、内側に板戸がある。これは続櫓に入った瞬間に確認しておこう。なお、板戸は敷居に二本の溝があったことから、昭和44年(1969)の修復時に復元されている。

続櫓は実に直線的な多聞櫓で、長さは約64mある。南入口から幅一間半(約2.73m)の武者走りの廊下の見通しは良く、誰しもその長さに驚く。全国的に見ても、直線でこの長さの現存多聞櫓は、おそらくここだけだろう。

大阪城の続櫓図面

踏込間

多聞櫓の内部は、城外側に武者走りを設け、城内側に武者が控える個室を設けている。姫路城西の丸の多聞櫓と同じだ。続櫓の入口部は、その個室がなく(柱はあるが仕切られていない)、広いスペースとなっていてこれを踏込間という。この南側と北東にも入口が設けられているので両端3間を踏み込み間とする長局形式だ。戦闘時に扉の内側に控える人数を増やすことができるとも言えるし、入ってきた敵兵は踏込間を過ぎると道が狭くなるため進みにくい仕組みとも考えることができる。残念ながら現在の南入口は、踏込間にわんさと荷物が置かれていて、本来の姿を確認することはできないが(できればこういった荷物は撤去してほしい)、東入口の方は、そのスペースが確認できる。

柱に見られる記号やほぞ穴

南入口から入って4本目の個室と武者走りの境目の柱に、蝶番(ちょうつがい)の跡がある。柱の上下それぞれ1箇所ずつあり、扉が付いていたことは間違いない。明治陸軍による改修ではないかと想像されるが、なぜここに扉があったのか、正確なところは分からない。

また、柱を確認していくと、いくつかの柱に共通した位置に、ほぞ穴を埋めた跡があり、これが連続して何本か続く。向かいの壁の柱にも同位置に対象のほぞ穴が確認できるので、転用材ではなく、おそらくこれも明治期の改編の跡かと思われる。昭和44年(1969)の修復時に、従来の姿に戻されているので、そういったほぞ穴には埋木がなされている。

特に等間隔でほぞ穴が確認できるのが各個室で、ほぼ全室で共通した場所に同型のほぞ穴がある。これは、明治初期に大阪鎮台が、渡櫓の中央室を事務室、東室、西室を倉庫、続櫓を兵学校の宿舎として使用していたようで、続櫓の各個室は、間仕切を撤去して四段ベッドが設置されていたその跡だ。同様に、スペースを有効活用しとうと、前述の踏込間も同様のほぞ穴が柱に見られるので見ておこう。

ベッド設備は、千貫櫓や六番櫓にもあったそうだ。とにかく付近一帯が兵学校だった(明治19年、鎮台を第四師団に改称の時、兵学校を廃止)。

また、他に柱に見られる記号を探してみると、新たにいろいろと発見した。続櫓の中央に並ぶ柱(棟真通中角柱)の中で、奥から2本目と3本目の柱には、墨書番付で「八」という文字が見られる。ただ、続櫓は南東隅を「一の一」と起番にして連番を使用していたそうで、そういった意味あいでは北寄りの位置に「八」というのがどうも納得がいかず、大阪鎮台が付けた部屋番号なのかもしれないとも思った。

また、この中央の柱は、25本が並んでいるが、そのうち21本に「大兵」の丸い押印がある。大阪鎮台に関係する刻印であることは、修理報告書から確認できたが、これは「大阪」の「兵」であるとか、具体的にどういったことを意味するのか詳細は分からない。

昭和の復元

昭和44年の修理報告書の写真を見る限り、続櫓は、個室と武者走りを仕切る板壁が、取り払われていたので、それを復元している。つまり、柱は当時のものだ。その他、周囲の壁の羽目板は大部分が西の丸で防空壕を作る際に持ち出されてしまったそうで、これも後述の厚嵌板とともに昭和44年の修理時に復元されている。よく見ると材木が新しいことが分かる。

個室

武者溜まりと思われる個室は、三間(12畳)づつ二区画、次で四間(16畳)、三間(12畳)、五間(20畳)、四間(16畳)に間仕切を設け計6室ある(続櫓の一畳は、98.5x192cm)。本来は各部屋の入口には戸板が入っていた。写真は最も広い五間の部屋。特別に内部から撮影させてもらった。仕切りは漆喰塗りとなっておりこれは防火用途かと思われる。また、窓の突上戸は昭和44年に復元されたものだ。また、一間の長さが渡櫓と続櫓とでは異なる。渡櫓は、六尺五寸(約196.95cm)を一間としていて、続櫓の方は、六尺(約181.8cm)を一間しているが、なぜそういった違いがあるかは分かっていないらしい。

城外側の窓

窓には1箇所だけ、何本かの木材を鉄で束ねている柱があったが、よく見ると、1本の木材で背割れを防ぐために金具を入れている状態だった。余談ながら、窓は、漆喰塗り込めのいわゆる土戸が外側にあり、内側には障子がある(障子は後の復元)。写真は、外から見た土戸を閉めた状態と開けた状態。窓の格子は四角形で鉄板張り、容易にノコギリでも切れない。また、続櫓を歩くと分かるが、窓の位置が床面から高く、身長172cmの筆者では、窓から虎口を見下ろすことはできない。足下には、笹石銃眼が並ぶがその石の上に立って、窓から火縄銃を撃つ設計になっている。

17の鉄砲狭間、笹石銃眼

さて、足下の鉄砲狭間を見てみよう。石をくりぬいて造れた銃眼で、これを笹石銃眼という。石垣の天端石を利用した銃眼で、藤堂高虎の家臣、米村勘左衛門の設計と言われている。時代により3種あるという。天端石とは、石垣の一番上の石のこと。虎口側から続櫓の石垣を見上げると、約5.9mの高さに笹石銃眼が17個、35個の石で構成されている。一方、城内側に銃眼は無い。続櫓内の笹石銃眼の石材は、高さが約48cm、石の表面は、すだれ処理がなされ、各石材のつなぎ目を目地漆喰で覆っていた。今でも白漆喰の跡が確認できるので、是非見てほしい。

(キャプション)
大手枡形虎口を狙うかたちで、城外からは実に小さい穴に見える。

頭高厚横嵌板張(城外側のみ)

写真をよく見てほしい。笹石銃眼の上に横に渡した厚みのある嵌板(はめいた)がある。厚みは約3cmで城外側のみ設置されている。城外の攻撃から城兵の身を守るための板かと思われる(松前城天守にあったと伝わる板もこういったものかも)。コンコンと叩くと分かるのだが、この嵌板は、他の壁材と比べ随分固く、欅(けやき)が使われている。ちなみに、大手口多聞櫓は構造造作材は欅(けやき)や桧(ひのき)が使用され、厚嵌板は欅だがその他の板類は杉が使用されている。

続櫓の嵌板の高さは約59cm、嵌板下の横材が約28cm、笹石銃眼の高さが約49cmなので、床面から、約1m33cmの高さまで、より強固に守られていると言っていい。これは幕末の工法かと思いきや、元和6年(1620)に造られた千貫櫓、乾櫓でも同様の嵌板が城外側に設置されているのが確認できる。

東入口

なぜこの場所に入口が設けられいるのかピンと来ず、定かなことは分からない。外側から見ると空中に扉が設置されており、その中間に一本、材が通してあるため、人が通るものには見えない。櫓の外から見てみると、扉までの高さは約5.7m。木製の階段があったのか、または、荷揚げ用の扉なのかもしれないが、昭和44年の修理時にもとに姿に戻しているはずなので、当時の扉ということになるのだろう。こちらの入口も内側には個室が無く、南入口と同様に踏込間が設けられている。なお、現在、城内側から見られる格子戸は昭和44年に復元されたものだ。さてこの踏込間は、渡櫓への入口へのスペースも兼ねているが、続きは渡櫓のページで。

(文・写真=岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事