松ヶ岡(旧山崎家住宅)掛川城下

江戸時代末期に建てられた入母屋造りの長屋門が見られる。山崎家は掛川藩御用商人をつとめた家柄で、明治維新のとき、掛川藩の負債整理で多くの土地を取得し、今でも大地主として地元で語られている。明治天皇の宿泊所となったことも。長屋門には監視のための与力窓が設けられているほか、屋敷の東面と北面には堀が設けられているようだ。現在、建物は掛川市が管理し、2017年11月現在、毎月第4土曜日に一般公開されている。長屋門の表側はいつでも見ることができる。

今、あなたにオススメ