玉造稲荷神社

カトリック玉造教会から東に進むと「玉造稲荷神社」がある。慶長8年(1603)に豊臣秀頼より奉納された「豊臣秀頼公奉納鳥居」と「豊臣秀頼の銅像」がある。玉造稲荷神社は、大坂城の守護神として祀られていた。また、境内には、この付近に屋敷があったとされる千利休の石碑「千利休居士顕彰碑」も。良質の水脈が走り、お茶の水は邸内の井戸から組み上げていたのだとか。

何気に関連ありそうな記事