小浜城

住所:福井県小浜市城内1丁目7-55 / 福井県 / 城ファンチェック: 5

写真:岡 泰行

交通アクセス交通アクセス

鉄道利用

JR小浜線、小浜駅下車、徒歩15分。小浜神社を目指す。レンタサイクルもある。

マイカー利用

舞鶴自動車道舞鶴東IC、国道27号を東へ。小浜神社に無料駐車場(3台)有り。

文献資料文献資料

小浜神社発行の『小浜城と小浜城下町』小浜神社拝殿のお賽銭箱の横に、小浜神社発行の『小浜城と小浜城下町』の冊子がある(A4・8ページ・100円)。また、小浜神社鳥居右手に案内板、絵馬堂内部に、小浜城と城下町の絵図がある。

撮影アドバイス撮影アドバイス

本丸石垣の東面以外が残る。メインカットは、小天守台と天守台だろう。

近郊グルメ近郊グルメ

「すし政(すしまさ)」寿司屋。JR駅から小浜城址への途中、市役所前。若狭の魚をつかったネタなら何でもOK。
[藤田茂樹 (2005.05.28)]

宿泊宿泊

海沿いにホテル。駅の北東にビジネスホテル。小浜は観光地であり、宿はたくさんある。
[よーすけ (1998.03.01)]

福井県の観光おすすめ福井県の観光おすすめ

移築建築物は三棟

小浜藩藩校正門小浜神社鳥居右手に「酒井家邸宅門(縮小移築)」、県立若狭高校正門が「旧藩校順造館正門」となっている。また、多田寺には「書院玄関」が移築されている。詳しい場所はGoogleマップ参照。

 

付近の城

城では、後瀬山。同じ街の中に戦国時代より前の山城の址が残っている。別名武田城。
[藤田茂樹 (2005.05.28)]

城ファンチェック (5)

  • avatar

    1998.03.01 よーすけ さんより

    もともとは川2つにはさまれたなかなかの水城だったようですが、最近の護岸工事で川の流れが変えられてしまい、旧城跡はほとんどが川の流れに飲まれてしまいました。

  • avatar

    2005.05.28 藤田茂樹 さんより

    天守台を含む本丸部分の石垣だけがかろうじて残っていて、内部は、江戸時代にこの地に川越から転封された酒井忠勝を祀る小浜神社となっている。酒井忠勝は「樅の木はのこった」で有名な伊達騒動のときの大老。

  • avatar

    2005.05.28 藤田茂樹 さんより

    毎年5月はじめにお城祭りがあり、酒井忠勝が川越から連れてきたといわれる伝統芸能の獅子舞が奉納されている。小浜藩は、藩医として解体新書を書いた杉田玄白でも有名。

  • avatar

    2005.05.28 藤田茂樹 さんより

    譜代大名酒井家12万石の領地であったため、明治初年まで天守も残されていた。小浜市は2004年、城の復元計画を発表し、10年計画をスタートさせた。完成想像図や古写真、募金計画などが紹介されている。

  • avatar

    2016.10.27 shirofan さんより

    かつては三層の天守を備え、櫓の数は42、門櫓5、多聞10、狭間の数は1320と相当な規模の城だったが、現在は小浜神社のある本丸の一部が残るのみ(天守台あり)。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている小浜城ネタをご投稿ください

あわせて読みたい