彦根城の構造と見どころ

現存12天守のひとつである国宝天守を筆頭に、天秤櫓太鼓門櫓などの現存櫓、国内では珍しい規模の馬屋玄宮園などが今も残る彦根城登り石垣に代表される石垣群や大堀切も合わせ、城内の見どころの多様さは全国屈指である。それらの櫓や石垣、堀切や水堀などの構造が集積することで、当時は抜群の防御力を誇る実戦的な城であった。この城が、一般の観光客からディープなお城ファンまで数多くの人を惹きつけるのは、魅せる姿と実戦向きという2つのポイントが両立しているいることも、理由のひとつと言えるだろう。

彦根城の構造

各写真をクリックで詳細ページがご覧いただけます。

彦根城に戻る

何気に関連ありそうな記事