彦根城の構造と見どころ

彦根城西の丸三重櫓

西の丸三重櫓 彦根城の見どころ

彦根城を北側の山崎口から攻めた場合、攻め手にとって最初の大きな障壁となるのが、人質郭との間にある西の丸大堀切だ。その頭上からは、三重の櫓と続櫓がにらみを利かす。西の丸三重櫓は小谷城天守を移築したという言い伝えもあるが、建築技法により築城時に新築されたと確認されている。

彦根城西の丸三重櫓と堀切
西の丸大堀切。

彦根城西の丸三重櫓続櫓内部
西の丸三重櫓の続く多聞櫓内部。防御を考え右手の壁(城外側)のみ、人の身長ほどの高さまで土壁を厚くしている。

西の丸三重櫓2階内部
西の丸三重櫓2階内部。

西の丸三重櫓3階の墨書き番付
西の丸三重櫓3階の墨書番付。

彦根城西の丸三重櫓最上階
西の丸三重櫓最上階。

西の丸三重櫓から望む人質郭虎口
西の丸三重櫓から望む人質郭虎口。

西の丸三重櫓と天守のほかに、かつては北麓の山崎曲輪にも三重櫓があった。しかしこの櫓は、明治期に取り壊されている。直継時代の家老、木俣守勝は、山崎曲輪に屋敷があったが西の丸三重櫓も預かっており、政務などのため月に20日ほどここに詰めていたという。

(文=mario 写真=岡 泰行)

彦根城の構造と見どころ
彦根城

何気に関連ありそうな記事