日本2位の高さを誇る伊賀上野城本丸石垣

伊賀上野城といえば、高石垣。高さ約30mで、水面上は約24m。日本第二位の高さといわれ、藤堂高虎が築いた。日本一の高さといわれている大坂城の高石垣は本丸東側で、伊賀上野城の高石垣は西側。ちょうど、両城の高石垣が向かい合うかたちとなっている。もっとも現在の大坂城は徳川大坂城なのだが、そこは曖昧に豊臣大坂城と向き合っていると思いたい。本丸石垣の西側を道路沿いに歩いていけば、写真アングルの水面の高さまで降りることができる場所がある。

何気に関連ありそうな記事