大阪城の見どころと特別公開ガイド

豊臣秀吉銅像・大阪護国神社

豊臣大坂城とは

秀吉時代の大坂城を「豊臣大坂城」、徳川時代の大坂城を「徳川大坂城」と言う。豊臣家は、慶長20年(1615)の大坂夏の陣で敗れ、大坂城とともに滅亡する。その後、大坂城の地には、新たに徳川幕府によって盛り土され、徳川大坂城が築かれた。今見る大阪城はこの時の城で、秀吉の大坂城は地下に眠っている。発見された豊臣大坂城の主な遺構は次の通り。振り返ると、これらの遺構に出会い撮影するのに17年の歳月がかかりました。遺構を見る機会をくださった関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

地下に眠る秀吉の大坂城、豊臣大坂城

各写真をクリックで詳細ページがご覧いただけます。

現在、豊臣大坂城詰ノ丸石垣の公開施設を造るべく、大阪市によって「大坂城豊臣石垣公開プロジェクト」が起ち上がり、広く寄付を募っている。また、豊臣石垣コラムでも豊臣石垣について詳しく紹介されている。

(文・写真=岡 泰行)

大阪城の見どころと特別公開ガイド
大阪城

何気に関連ありそうな記事