豊臣大坂城の極楽橋の遺構

琵琶湖に浮かぶ竹生島(滋賀県)の宝厳寺観音堂唐門が、豊臣大坂城の極楽橋の遺構(淀殿寄進)と伝わっている。唐門は国宝に指定されている。

2020年5月22日、唐門と観音堂と渡廊の保存修理工事が完了した。レーザー測定で顔料や模様を分析し往時の姿にと漆や彩色の塗り直しと屋根の吹き替えが行われている。なお、唐門と観音堂と渡廊はもとはひとつの建物だった可能性が高いとされており、移築時に改編された可能性があるという。

これらは、豊臣大坂城の唯一の建築遺構として近年、注目されている。竹生島はかつての浅井氏の小谷城からも見られ、淀殿にとっては古里となる。

修復前と修復後の写真を交えご紹介。

大坂城極楽橋の唐門
大坂城極楽橋の唐門(修復後)
大坂城極楽橋の唐門(修復後)
宝厳寺観音堂唐門の外観。

宝厳寺観音堂唐門の蟇股
宝厳寺観音堂唐門の蟇股(修復後)
宝厳寺観音堂唐門の蟇股。

宝厳寺観音堂唐門(修復後)
宝厳寺観音堂唐門
唐門内部、屋根を見上げる。細かな装飾が見られる。

宝厳寺観音堂(修復後)
宝厳寺観音堂の天井。

舟廊下
舟廊下(修復後)
唐門から観音堂に入り、先に進むと舟廊下(重要文化財)がある。朝鮮出兵の時の秀吉の御座舟、日本丸の船櫓を利用して造られている。

都久夫須麻神社本殿
竹生島にはそのほか、伏見城日暮御殿が都久夫須麻神社本殿として移築、また、浅井久政奉納の弁財天(非公開)がある。

(文・写真=岡 泰行)

豊臣大坂城
大阪城の見どころと特別公開ガイド
大阪城

何気に関連ありそうな記事