合戦東軍西軍どちら派 三成派(1037票)
家康派(534票)
戦国武将人気ランキング 1位 大谷吉継(174票)
2位 島津義弘(110票)
3位 真田幸村(102票)
4位 島左近(90票)
5位 小早川秀秋(82票)
小鉄 さんからのご投稿(2003.08.27)

三成派 判官びいきで結構、三成派。義理・人情の人である三成は豊家の為に立ち上がった。毛利輝元、小早川秀秋の2大A級戦犯のために破れ去ってしまったが、その心、水の如く清し。男子たるものこうあるべし。

蒲生秀行 父、氏郷が生きていたら間違いなく西軍が勝っていた。というよりも、関が原の戦い自体起きていない。秀行はあまりにも幼少すぎた。

蒲生氏郷 さんからのご投稿(2003.03.13)

三成派 秀吉の恩を忘れず、時代に流されず、自分の信念を貫く姿勢は素晴らしい。

蒲生秀行 私は蒲生氏郷が好きなのですが、根本的には秀行ではなく、氏郷が生きていたらと考えてしまいます。彼が生きていたら、まず家康は楽に勝てなかった。彼は、大の家康嫌いで知られ、大の利家びいきだったから。利家が生きていれば、氏郷と組んで家康と戦っていたかも知れないし、利家亡きあとは、自らが天下を狙おうとしたかも知れないが、決して家康にはなびかなかっただろう。また利家の息子の利長を総大将に、前田家・蒲生家・浅野家・細川家らと徒党を組んで一大勢力になっていたかもしれない。言える事は、彼は決して、家康にはなびかなかっただろうと思う。そして、彼を殺したのは、氏郷の武勇を恐れた家康なのではなかろうかと私は思う。

上様、ネタ投稿を