黒井城

住所:兵庫県丹波市春日町黒井 / 兵庫県 / 城ファンチェック: 0

写真:岡 泰行

交通アクセス交通アクセス

鉄道利用

JR福知山線「黒井駅」より北へ歩き、市街地を抜けた黒井小学校脇に登山道がある。なお登山口までは標識があるので迷う事はないと思います。登山口から三段曲輪~石踏の段をへて山頂までで約50分程度。途中で大鼓の段への道が分かれています。(吉田 豊太郎・1999.08.26)

文献資料文献資料

登山口にパンフレットがあります。またJR福知山線「黒井駅」より南に徒歩約5分程の所に春日町歴史民俗資料館があり、黒井城関連の資料が展示されています。ここでは「史跡 黒井城跡 保存管理計画策定報告書」が販売されており、内容は黒井城の縄張りや構成はもちろんのこと、周辺の中世城館、猪ノ口山の植生、黒井城関連の文献資料なども解説されています。値段は少々高めですがその価値は十分ある内容だと思います。
[吉田 豊太郎 (1999.08.26)]

撮影アドバイス撮影アドバイス

けっこう蛇が多いので夏に行くときは注意したほうがいいです。
[吉田 豊太郎 (1999.08.26)]

兵庫県の観光おすすめ兵庫県の観光おすすめ

国道175号線から国道176号線を南に下っていくと割と近くに柏原藩陣屋(藩陣屋としては全国で唯一御殿建造物が現存している)があります。また国道176号線に入らずにさらに南下し、道の駅「山南仁王」の手前の交差点「井原」で西に折れて県道86号線を進んで行くと、岩尾城跡(総石垣造りの山城で和田小学校裏に登山口あり←少々わかりにくいと思います。さらに登山道自体もわかりにくく、現に私も下山途中で道がわからなくなって迷いました。注意!)があります。(補足:岩尾城への登山道はその後多少は整備されたとも聞きます)[吉田 豊太郎 (1999.08.26)]

旧赤井家住宅天正7年(1579年)、城主、赤井直義の時に、明智光秀に攻められ落城。その後、赤井直義は、京都に隠棲していたが、藤堂高虎に1000石で召し抱えられた。現在、伊賀上野城下に、武家屋敷「赤井家住宅」がある。2010年、赤井家の子孫が、この赤井家住宅を伊賀市に寄贈、近年、整備され内部が公開されている。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている黒井城ネタをご投稿ください

あわせて読みたい