平島館

住所:徳島県阿南市那賀川町古津 / 徳島県 / 城ファンチェック: 3

開城時間開城時間

AM9:00~PM4:30(入館はPM4:30まで)。月曜、年末年始(12月28日~1月4日)休館。大人200円、小人100円。
[半兵衛 (2000.05.09)]

交通アクセス交通アクセス

[鉄道] JR牟岐線、西原駅より東へ徒歩5分 阿波中島駅下車、西へ徒歩10分。またはタクシー5分。
[阿波公方 (2000.05.09)]

文献資料文献資料

那賀川町立歴史民俗資料館。
[阿波公方 (2000.05.09)]

徳島県の観光おすすめ徳島県の観光おすすめ

館の遺稿は県内の小松島市の地蔵寺、阿南市吉祥寺に移築されている。なお那賀川町内の西光寺に足利10代14代将軍はじめ歴代公方の墓石が残る。地蔵寺はJR南小松島駅下車、徒歩数分。
[阿波公方 (2000.05.09)]

城ファンチェック (3)

  • avatar

    2000.05.09 阿波公方 さんより

    こんなところに公方様がおわしたとは、広大な平野の田園風景のなかにぽつんとある。墓碑以外にないこの地に御所があったとは考え深いものがある。資料館でこれらの全貌がうかがえる。

  • avatar

    2000.05.09 半兵衛 さんより

    歴史民族資料館が館の中心地。館は100m四方の広大な敷地だったと言われているが、地図を見ると付近の地名が当時の名残りをとどめています。「お屋敷跡」「お花畠」「馬場跡」「御門前」など。

  • avatar

    2000.05.09 阿波公方 さんより

    第十代将軍足利義植が細川氏に頼り、阿波に落ちたのが始まり。やがて義冬の代に上洛をこころみたが失敗、やむなく阿波平島に移り住む。その後長曽我部氏や蜂須賀氏と時代が変わっても残り、270年続いた。その間、館内にあった晒龍閣に島津華山等を招き、阿波南方に文化サロンが形成された。しかし残念ながら公方は京に帰り、館の遺稿は県内の小松島市の地蔵寺、阿南市吉祥寺に移築されている。なお那賀川町内の西光寺に足利10代14代将軍はじめ歴代公方の墓石が残る。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている平島館ネタをご投稿ください

あわせて読みたい