合戦東軍西軍どちら派 三成派(1009票)
家康派(525票)
戦国武将人気ランキング 1位 大谷吉継(166票)
2位 真田幸村(100票)
3位 島津義弘(98票)
4位 島左近(89票)
5位 小早川秀秋(82票)
伊集院いや、西園寺 さんからのご投稿(2015.10.13)

三成派 家康軍の中央に突撃した、戦国最強の鬼島津がいる。敵のど真ん中に突っ込んで敵中突破した島津義弘!!バケモノ

島津義弘 って訳で鬼島津

四面楚歌 さんからのご投稿(2015.10.13)

三成派 義だよねぇ。

島津義弘 強すぎだろ!

mizu さんからのご投稿(2015.10.09)

三成派

藤堂高虎

寺野 道子 さんからのご投稿(2015.10.07)

家康派 家康の作戦が上手いからです!

黒田孝高 私の憧れの武将です!稀代の軍師!

魔人風車 さんからのご投稿(2015.10.07)

三成派 性格に多少問題等あるが、主家のためにあの大大名の家康に戦いを挑んだ。その信念、行動力には頭が下がる思いです。

立花宗茂 関ヶ原合戦当日にあの戦場にいたら結果は違っていたかもしれない程の知勇兼備の武将です。

ベイビー逃げるんだ! さんからのご投稿(2015.09.13)

家康派 三成は功ある武将を敵にまわし、家康がそれをうまく取り込んだ(寝返りさせた)。

小早川秀秋 この武将の寝返りが命運を別けたと思う。

タッツー さんからのご投稿(2015.08.31)

三成派 秀頼を守るために自らの人望を駆使し、守ろうとしたその忠義は評価に値する。

島左近 三成に過ぎたるもの、と評された戦国きっての勇将。軍師の才もあり、かなり勇猛で智謀に長けた人物。

かめたろう さんからのご投稿(2015.08.22)

家康派 家康はその時の情勢を確実に把握して、それにあった策を考えているから。

鳥居元忠 とにかく忠義心が強い。

鬼島津 さんからのご投稿(2015.07.02)

三成派 裏切りがなくて戦闘力だけなら西軍が勝っていたから。徳川家康は汚ない政治家。

島津義弘 勇猛果敢な敵のド真ん中の突撃!!敵中突破は戦国最強!

みうらっち さんからのご投稿(2015.06.22)

家康派 三成は早まった。この人は武将というより能吏。

立花宗茂 西軍でも堂々と復帰しているところ。

Leviathan さんからのご投稿(2015.06.09)

三成派 タヌキおやじは嫌い。

宇喜多秀家 義に厚く武勇に秀で西軍の中で一番強かったから。

かずただ さんからのご投稿(2015.06.05)

家康派 三成は黒田官兵衛に嘘をつき、官兵衛よりも多く領地を貰うなどといった不正行為、また、大谷吉継などが潔く自害した後も生き延びようと試みたことから、自己中心的な人物だと思うから。

松野重元 小早川秀秋が家康に催促されて西軍を裏切る中、松野は脅されて裏切るのは武士ではないと言い、自分は東軍を攻めたので、誰よりも武士らしい信念をもっていると思ったから。

転覆失格 さんからのご投稿(2015.05.06)

家康派 何事も根回しは必要と教えられた。(家康の人生後半の敵なし状態は嫌いだけど・・・)

平塚為広 大谷吉継とともに、「裏切り部隊」に挑んで散った悲運。

真水の焼き具合 さんからのご投稿(2015.04.08)

家康派 なんとなく

本多忠勝 最強無敵!

るう さんからのご投稿(2015.04.07)

三成派 義を貫いたところ。

大谷吉継 友の為に命を懸けたところ。

伊集院忠真 さんからのご投稿(2015.03.20)

三成派 家康が嫌い!

島津義弘 強い!

パロパロ さんからのご投稿(2015.03.20)

三成派 ふてぶてしい!家康が気に食わねぇー。

島津義弘 戦国最強の鬼島津!敵中突破は島津義弘しかできない。鬼神!強い!強スギル!
本多忠勝を蹴落として、福島正則軍を敵中突破、徳川家康本陣をブッチ斬り家康四男の松平忠吉を斬り倒し死亡させ、四天王の井伊直政を撃ち殺したバケモノ!中国第20万大軍を撃破し韓国の英雄を射殺した鬼島津。強過ぎてNHKが中国韓国に配慮、2014年大河ドラマがドタキャンとなった規格外の猛将らしい。世界を相手に勝利した日本ただ一人の敵中突破っ鬼島津ッ!

中一忍者サマンサタバサブロリー さんからのご投稿(2015.03.09)

三成派 かっこいいし、武将が悪くない。

真田幸村 やはり彼をおいて戦国は語れないし、武将としては、最高にかっこいい!

南池6−3氏 さんからのご投稿(2015.02.27)

家康派 家康側の城は、とてもかっこいい。
秀吉側の城は、まあまあかっこいい。

加藤清正 勇、知、声全てをかねそなえている武将
熊本城も魅力がとてもある。魅力を作る。そこまで考える武将。
それが加藤清正。

時代は武士の覇業 さんからのご投稿(2015.02.22)

家康派 秀吉存命の政権下では中央集権化の為に、家康のような昔ながらの武家大々名が、三成を始めとする政務官に圧政を強いられ圧倒的危機的状況だった。にも関わらず秀吉亡き後家康が武家の棟梁は世襲ではなく弓矢で決するの矜持を捨てず、政治ばかりの戦略を立てる三成から巧みに武士を引き抜き、正に関ヶ原で決戦に挑んだ。戦機が理解出来ない三成は敗れるしかなかった。武家の棟梁は家康で決まりでしょう。

結城秀康 東軍西軍の枠を越え、武威を示せなければ武士にあらずを貫いた人だから。

上様、ネタ投稿を