増山城周辺の歴史重視の観光史跡スポット
増山城周辺の歴史重視の観光史跡スポット

長尾為景塚

長尾為景塚長尾為景は、天分14年4月、増山城攻めで討ち死にしたといわれ、その墓と伝わる塚が砺波市頼成新にある。小字名を長尾塚。また、為景の父、長尾能景は永正3年9月、一向一揆と越中守護代神保氏が対決した「芹谷合戦」で討死。為景塚の東方180mの永田家屋敷にある塚が、能景塚と伝えられている。

 

また、城では、先に築城されたという増山城すぐ北側の「亀山城」。二重の空堀や長大な竪堀が残る。

増山城のアクセスと観光情報
増山城のアクセスと観光情報

所在地

住所:富山県砺波市増山一の丸 [MAP] 県別一覧[富山県]

鉄道利用

JR城端線、礪波駅下車、バス。

マイカー利用

砺波方面から国道359号で県民公園頼成の森を過ぎ、看板が出たら左折、約2km先。

増山城の旅のチェックリスト (2)

  • avatar

    本丸、2の丸、空掘。松倉城守山城とあわせて越中の三大山城と言われるがそのわりにたいしたことはない。

    (2000.07.07 田村靖典)

  • avatar

    南北朝時代、桃井氏の拠点の一つ。越後の長尾よしかげ、為影親子が神保氏のこの城を攻撃。天正9年佐々成正の居城となる。江戸時代は、前田氏の家臣中川光重の管理。元和の一国一城令で廃城。

    (2000.07.07 田村靖典)

城の情報

増山城の旅のチェックリストを投稿

何気に関連ありそうな記事