写真:岡 泰行

田原城の見どころと歴史資料
田原城の見どころと歴史資料

書籍では、『図解 近畿の城郭Ⅲ(戎光祥出版)』に田原城が詳しく掲載されている。
現地では、南側の登山口に、縄張図付きの解説板がある。

そのほか、「大阪府四條畷市 田原の里」Webサイトで田原城と郷土の歴史が紹介されている。

田原城周辺の歴史重視の観光史跡スポット
田原城周辺の歴史重視の観光史跡スポット

 

日本最古のキリシタン墓碑

日本最古のキリシタン墓碑田原城(たわらじょう)は、この地を支配していた土豪、田原一族の城で、戦国期に三好長慶に従ったため、飯盛山城の支城とも言える存在となる。永禄6年(1563)、三好長慶が飯盛山城でキリスト教を布教を許可したことから、城主の田原レイマンも三好長慶のもとで受礼した(主な長慶の家臣73名が洗礼を受けている)。その田原レイマンのキリシタン墓碑が、田原城の約400m北、田原氏の菩提寺だった千光寺跡で2002年2月14日に出土した。日本最古のキリシタン墓碑とされ、飯盛山城の西にある「四条畷市立歴史民俗資料館」で見ることができる。

田原氏の菩提寺だった千光寺跡

田原氏の菩提寺だった千光寺跡田原氏の菩提寺だった千光寺跡は、発掘後に駐車場となったため、現在は道路上に解説板があるのみだが、西へ約100mほど行ったところに、発掘時の地表を型どり復元した「千光寺跡移築広場」があるので、合わせて見ておこう。土塀の基礎や供養塔の基礎が見られる。またその展示方法もちょっと面白い。

田原一族の五輪塔

田原一族の五輪塔現在の月泉寺は、その千光寺を継承したもので、田原台にある月泉寺墓地で(境内とは離れた場所)、田原一族五輪塔を供養している。現地を訪れると五輪塔が3基あり、その背後に五輪塔のパーツが積み上げられている。もとは数十基あったそうで、倒れて散財した多数のバラバラなパーツを組み合わせているそうだ。

田原城のアクセスと観光情報
田原城のアクセスと観光情報

所在地

住所:大阪府四條畷市上田原 [MAP] 県別一覧[大阪府]

アクセス

鉄道利用

JR片町線、四條畷駅から、コミュニティバス「北谷公園」降車、または、近鉄奈良線、生駒駅から、バス「北谷公園」降車、いずれもバス停から徒歩6分(500m)で登山口。

マイカー利用

第二京阪道路、交野南ICから、南へ約20分(9.5km)。または、信貴生駒スカイライン、登山口ICから、東へ約6分(2.8km)。月泉寺の参拝者用駐車場利用可。

小さな丘なので城での所要時間は20分といったところ。堀切が見事。

田原城の旅のチェックリスト (1)

  • avatar

    河内田原城の城主が弓矢の練習をしたと伝わる「矢の石」が、城山の北側にあります。城からその巨石に向かって矢を射たそうです。ちょっと距離ありますけどね。矢が届くのか心配です。

    (2018.01.05 多分レインマン)

城の情報

田原城の旅のチェックリストを投稿

何気に関連ありそうな記事