合戦東軍西軍どちら派 三成派(1021票)
家康派(528票)
戦国武将人気ランキング 1位 大谷吉継(167票)
2位 島津義弘(105票)
3位 真田幸村(101票)
4位 島左近(90票)
5位 小早川秀秋(82票)
山城ノ守 さんからのご投稿(2002.11.20)

三成派 義理人情!!なんだかんだいって、あそこまで主人に忠誠を尽くした人間はおらん!!歴史上では悪く言われているが、そんなんぜったいありえん。わしの尊敬する「直江”山城ノ守”兼続」とも莫逆の友だし。

真田幸村 大阪の陣をみてみいや〜!!

直江山城守実綱 さんからのご投稿(2002.11.20)

三成派 治部殿は、忠義に厚く、その人柄もすばらしいため、石田方に付くものなり。

結城秀康 石田殿を評価し、狸(家康)ごときにひどい扱いを受けたため。天晴れ秀康!

謙信公 さんからのご投稿(2002.11.20)

三成派 家康は忠義という心を知らんから。

上杉景勝 上杉謙信の養子だから。

佐吉 さんからのご投稿(2002.11.19)

三成派 義理を守る人だから。

加藤清正 武勇を尊敬しているから。

う゛ぃっきー さんからのご投稿(2002.11.17)

三成派 悲劇の人だから。

細川忠興 奥さん(ガラシャ)の大ファンだから。

halfpenny さんからのご投稿(2002.11.14)

三成派 要するに勝てば官軍、ということですな。汚い手を使っても勝ちさえすればいいんだ、という家康の生き方はもっと知られるべきだし、コーエーをはじめ、家康を美しく描こうとする悪しき慣習は見直すべきだと思う。

島左近 邪心がない。

テル さんからのご投稿(2002.11.14)

三成派 自分が三成の子孫だから。昔から両親たちに「我が家の家紋は三成と同じよ」と言われてきました。

大谷吉継 石田三成の相棒だから。それに病気の身でありながら親友を手助けしたという心情に感動したから。

kk さんからのご投稿(2002.11.13)

三成派 最後まで豊臣の味方をしたから

直江兼続 家康を挑発したから

ぷりん さんからのご投稿(2002.11.07)

三成派 たぬきはきらいじゃ〜!

島津義弘 関ヶ原においての敵中突破!その他、内外における数々の武勇・・・心に沁入っておりもす。同じ九州人として誇りに思うちょります!

kk さんからのご投稿(2002.11.07)

三成派 家康が気に入らん

島津義弘 決死の戦術に感動した

鷹 さんからのご投稿(2002.11.06)

三成派 ご先祖様がいるから

島左近 強いから

茶坊主 さんからのご投稿(2002.11.06)

三成派 性格は暗いけど最後まで「義」に殉じたから・・・。

福島正則 朝鮮の戦役で苦労はしたであろうが、感情に溺れて東側について不義を働いたかどで最後は家をつぶした。Look at the ma!ざまみろ!ってんだ。

ハイドリヒ さんからのご投稿(2002.11.05)

三成派 豊臣家の為に最後まで尽くした人だから!

宇喜多秀家 若いのに全てを賭けて戦ったところが魅力。

狸は嫌いだ! さんからのご投稿(2002.11.03)

三成派 三成はあまり好きではないが、狸は太閤が定めた決まりを勝手にすぐ破り、天下を狙うなどもってのほか!前田利家が狸に対抗できたのにすぐ死んだので残念だ

吉川広家 関ヶ原合戦で西軍の中で動かなかった武将は他にもいるが中でも有名なのは、吉川広家である。毛利家は元就が死んでから重臣の広家の意見を聞いていろいろ決めるようになった。合戦の時でも参加せずにじっと見ていた。結局毛利家はおとりつぶしにはならなかったやはり大名はお家大事なのであろう。その考えが一番広家は強いのであろう。

松浦劉 さんからのご投稿(2002.11.02)

三成派 豊臣家に忠誠を尽くしたから。

島津義弘 最後にみごとな退却をなしとげたから。

辰子 さんからのご投稿(2002.10.31)

三成派 津軽氏の子孫だから。津軽藩3代目藩主の生母は三成の娘・辰子。家康も好きなんだけどねぇ〜、やっぱ先祖は大事にしなきゃ!

津軽為信 我が先祖様、藩祖様だから

六文銭 さんからのご投稿(2002.10.31)

三成派 家康に天下を取らす訳にはまいらん!

真田幸村 関ヶ原で・・と言うより、戦国時代の武将で一番好きやから。

ひでとし さんからのご投稿(2002.10.31)

三成派 家康は、豊臣家に謀反みたいなことをしたから家康が大嫌いだから

上杉景勝

じゅにあ さんからのご投稿(2002.10.30)

三成派 親秀吉なので

真田幸村 日の本一の兵

天庵 さんからのご投稿(2002.10.29)

三成派 家康は暗い

宇喜多秀家 打算なしに戦った

上様、ネタ投稿を