合戦東軍西軍どちら派 三成派(1021票)
家康派(528票)
戦国武将人気ランキング 1位 大谷吉継(167票)
2位 島津義弘(105票)
3位 真田幸村(101票)
4位 島左近(90票)
5位 小早川秀秋(82票)
そうら さんからのご投稿(2010.04.30)

三成派 家康は小賢しい気がして好きではありません。

細川忠興 細川家は明智家関連で好きになりました。

わけのしんのす さんからのご投稿(2010.04.21)

三成派 秀吉好きの為。

立花宗茂 「信義」を貫き通すこの生き方に共感しております。

九鬼 さんからのご投稿(2010.04.10)

三成派 徳川家は三方ヶ原くたばり損なったうえ、豊臣家を滅ぼし、私の好きな宇喜田氏を潰したから。

真田昌幸 徳川秀忠の軍勢を軽くあしらったから。

もののふ さんからのご投稿(2010.04.07)

三成派 家康は卑怯な手を使ってまでも、天下を取ろうとしたけど、光成は豊臣家を恥ずかしい目にあっても生きて、生きてまもろうとしたから。

島左近 三成を守るために必死に戦い、かっこ良い討ち死にをしたから。

坂東武士 さんからのご投稿(2010.03.30)

三成派 主君への忠義を貫き、たとえ命を落とそうともそれが武士の本懐。そもそも西軍には勝算はあった、毛利が動けばわからなかったな。

小西行長

九鬼 さんからのご投稿(2010.03.29)

三成派 豊臣家の為を思って家康に立ち向かったから。

立花宗茂 大津で足止めを食らわなければ関ヶ原で活躍してくれたはず。

九鬼 さんからのご投稿(2010.03.29)

三成派 豊臣家の為を思って家康に立ち向かったから。

立花宗茂 大津で足止めを食らわなければ関ヶ原で活躍してくれたはず。

まみ さんからのご投稿(2010.03.23)

三成派 家康の腹黒さが嫌。

大谷吉継 私の故郷の誇るべき城主。

武将 さんからのご投稿(2010.03.20)

三成派 裏切りがなければ勝っていたから。

真田幸村 この人は、日の本一の将です。

戦2 さんからのご投稿(2010.03.16)

三成派 武士の生き様を見せた。

大谷吉継 負けると分かっていても、自分の利より三成との友情を優先した所。

イイ人ママ さんからのご投稿(2010.03.05)

三成派 民衆などをなめるほどの可愛がり具合でとにかく弱い者の味方だから。

島左近 石田三成の破格でもない石高にでも三成の自分の石高の3分の1を与えたらそこに心をうたれ三成に仕えたところ。

かず さんからのご投稿(2010.02.26)

三成派 家康が大嫌いだし、宇喜多秀家の大ファンだから!

宇喜多秀家 かっこいいし、朝鮮出兵などで数々の武功をたてたから。

明智中納言 さんからのご投稿(2010.02.24)

三成派 三成のまっすぐでさわやかな生き方は、時として正しくはないかもしれないが、美しいことだけは確かだ。家康は武田勝頼との戦いで大変卑怯であった。家康には人望があり、家臣を大切にしたというが、彼のとった行動・態度を考えるとお世辞にもそのようには思えない。結果的には成功しているのかもしれないが、感銘できる生き方ではない。

平塚為広 逸話がほとんど残されておらず、謎の多い武将であるが、大谷吉継が無二の信頼を置いていたことから、すばらしい武将であったことは間違いないでしょう。

安土城マニアック さんからのご投稿(2010.02.23)

三成派 信長好きでその後継ぎで秀吉そのまた後継ぎじゃないけど三成だから。

織田秀信 信長の子だから

つれづれ兼好 さんからのご投稿(2010.02.19)

三成派 日の本一の忠臣です。

無し 君がため捨つる命は惜しからじつひにとまらぬ浮世と思へば

カムイ さんからのご投稿(2010.02.06)

三成派 家康は裏切りの乗っ取りだから。

大谷吉継 時代の情勢が分かっていながらも三成に加勢したから。

にゃー さんからのご投稿(2010.01.26)

三成派 義の人が多いから。 そして家康が狸じじいだから。不器用な石田三成が良いと思う。

平塚為広 大谷吉継も大好きですが、平塚為広の死に様が格好いいから。また、大谷吉継との辞世の句のやりとりも格好いい。

坂本竜馬 さんからのご投稿(2010.01.14)

三成派 正義感が強い人だから。

九鬼守隆 親子でたたかったし、空に向けて鉄砲を、撃ったから。

重成 さんからのご投稿(2010.01.11)

三成派 家康の身内第一主義の政策は日本の発展を遅らせた。

島左近 存在感

咲夜 さんからのご投稿(2010.01.09)

三成派 時代が家康へと移ろう中で、秀吉から受けた恩を忘れずに忠義を尽くそうとしたその心意気に感服しました。

真田昌幸 慶長上田合戦で、約十倍にもなる秀忠の軍を父親譲りの知略で思いのままに翻弄したこと…ですかね。
この戦が始まる前、無駄な戦だと考えた秀忠は昌幸に帰順勧告をしたそうですが、その返事を先延ばしにして、ようやく昌幸が送った答えも好きです。
確かこんな感じです↓
「返答を先延ばしにしていたのは篭城準備のため。十分に仕度はできたのでお相手つかまつろう。」
返事を待たされたうえにこんな大胆な宣戦布告をされた秀忠は激怒して上田城総攻撃の下知を下したそうですが、もうこの段階から秀忠は昌幸の術中に嵌っていたんだと思います。

上様、ネタ投稿を