合戦東軍西軍どちら派 三成派(1031票)
家康派(529票)
戦国武将人気ランキング 1位 大谷吉継(172票)
2位 島津義弘(107票)
3位 真田幸村(101票)
4位 島左近(90票)
5位 小早川秀秋(82票)
武信 さんからのご投稿(2005.10.16)

三成派 裏工作を家康はしすぎ!!!

大谷吉継 唯一の討ち死に

さとし さんからのご投稿(2005.10.15)

三成派 家康は強引過ぎる

大谷吉継 義の武将

aki さんからのご投稿(2005.09.23)

三成派 どちらかといえば、三成派ってことで。家康も好きではないけど、面白い人物だと思うし。

大谷吉継 利権よりも、最後は友情を選んだ、その散りざまに感服!

rcd さんからのご投稿(2005.09.08)

家康派 石田三成という人物より、徳川家康という人物のほうが興味をそそられるから。『律義者』と言われ『狸親父』と言われ、心の闇が大きい人物には魅力があります。
家康と三成に能力の差はほとんど無いと思います。ただ三成より家康の方が博打好きであり、野心があり、人望があり、経験があった。これが三成敗北の最大の要因でしょう。『人望』の部分は大阪の陣で失墜しますが(笑)。まぁ、彼も戦国大名ですから。律儀じゃ、天下盗りはできませんよ。ww家康と三成って、両人とも実際の能力より過小評価されてる気がするんですよね。まぁ、三成は徳川幕府に、家康は明治政府に悪評を風潮されたので、その名残が今も残っているんでしょう。ww三成がもっと早く生まれていれば関ヶ原の結果は変わっていたかもしれません。

大谷吉継 僕は家康派なんで本多忠勝と言いたいところですが、関ヶ原といったらこの人かなと。伊達政宗や真田幸村も捨てがたかったのですが、関ヶ原では戦っていないので除外しました。家康優勢という情勢を知りながら、病を押して三成のために戦い友情という義に生きた熱い武将。彼の生き方には好感が持てます。

左大臣中納言 さんからのご投稿(2004.10.07)

三成派 負け戦ほど面白い!! 前田慶次郎 談

大谷吉継 関が原の華 大谷吉継!!

井出 毅 さんからのご投稿(2003.09.19)

三成派 福島正則や黒田長政らが、次々と家康に寝返る中、秀吉子飼いの武将として最後まで忠義を貫いたところが良い。ただ、頭は切れたが人心掌握術は今一歩のところが悔やまれる。

大谷吉継 家康を支持していたが、三成とは若年の頃からの友人であり、秀吉主催の茶会で三成に救われたことから当時の武将には珍しく利益よりも友情を選択し、小早川秀秋が寝返った時も自らが楯となり、三成が逃げる時間を稼ぎ自害した義理深い人間だから。

義の人 さんからのご投稿(2003.09.18)

三成派 家康の強いものには媚びへつらい、相手が弱いと見ると取って返してなめてかかる小狡さには反吐が出る。日本の夜明けを200余年に渡り遅らせたことは日本史最大の汚点

大谷吉継 最後まで義に殉じた真の益荒男だから

こうさく さんからのご投稿(2003.08.17)

三成派 家康が嫌いなだけ!!

大谷吉継 義の男・・・

道明寺 さんからのご投稿(2003.05.21)

三成派 劣勢ながらも、巨大な家康に立ち向かったその勇敢な姿…忠義に生きた武将。文官と言った方が正しいのだろうか…東軍は7万5千が最初から本気で戦い、一方の西軍は真面目に戦ったのは3万5千。憎き小早川秀明。朽木、赤座、…

大谷吉継

大相国日光山 さんからのご投稿(2003.05.20)

家康派 やはり、幼少より苦労をして人生の裏表を知った家康公は、苦労を知らず人生の絶頂期しか知らない三成よりも親近感を感じます。

大谷吉継 大谷吉継ほど、両方から愛された人物はいないし、元々家康公についていた方ですから。

浩毅 さんからのご投稿(2003.05.18)

三成派 三成派に真田昌幸・幸村がいたから。

大谷吉継 真田幸村の妻の父だったから

浩毅 さんからのご投稿(2003.05.18)

三成派 三成派に真田昌幸・幸村がいたから。

大谷吉継 真田幸村の妻の父だったから

上野文也 さんからのご投稿(2003.05.10)

三成派 家康と違って、自分の野望のためではなく、豊臣家を守るために家康と戦ったから。

大谷吉継 親友の石田三成のために、病をおして出陣し華々しく散ったので。西軍の裏切りが相次ぐ中で病に冒されながらも孤独に戦いつずけ死んだから。

長州人(やまぐチェ県人) さんからのご投稿(2003.04.28)

三成派 最後の最後に味方の裏切りで不幸にも敗れたとは申せ、日本史上最大のビッグイベントを企画・遂行した治部少殿・・・・。日本をまっぷたつにした大合戦の一方の大軍を率いた事実上の総大将(英雄以外のなにものでもない)の人物像を「戦下手で人の心の掴めぬ四角四面の嫌われ者・憎まれ官僚」などとしか(この21世紀になっても)評価できていない人々は歴史に関わること(歴史評論家になったり、社会科教師になったりすること)を一切ご遠慮願いたい。我が国の歴史教育上、そういう人達は大弊害なり。まあこの私でも、治部少殿のことを絶対正義の完璧な偉人で、崇拝すべき聖人君子だとまではさすがに思っていない(治部少殿も人間だから間違い等あることも当然)。 ただ天下分け目の大将を務めた我が国史上屈指の大英傑たる石田治部少輔三成殿のことをもっと真っ当に評価し、今少し英雄視することも国史教育上、必要なことだと考えるものである。 日本史嫌いだった子供たちも(その中でごくごく一部の子供たちだけになるかもしれないが)一転、歴史に興味を抱き、「歴史って先人たちの感動のドラマなんだあ!」と理解して、勉強に励み始める一助となるかもしれない。

大谷吉継 現在、信じられないような犯罪・動機なき凶事等が我が国にも多発しており、日本の安全神話が完全に崩壊してしまっているのは周知の事実。それに関連して、日本人の道徳心も昔に比べると崩壊状態であるといわれている。 是非とも、大谷刑部吉継殿(および治部少殿)が我々日本人に時代を超えて伝え続けてくれている数々の感動秘話を小学校の「道徳」の教材として採用するよう、文部科学省は早急に認定を!

歴史マニア(重症) さんからのご投稿(2003.03.09)

三成派 義に生きた石田三成を心から尊敬しているからであります。

大谷吉継 石田三成との友情を貫き通した素晴らしい武将だからです。

由利 さんからのご投稿(2003.02.25)

三成派 三成様は根も優しいし、とっても忠実だし、この時代にしては珍しく(?)偉くなりたい願望強くないし。逆に家康は、天下人になるためなら、なんでもするみたいな…?結局、色々あった関ヶ原だけど…裏切られたり、計られたりで、三成公は可哀相スギ!!家康はズル賢くて、私は好かぬ。

大谷吉継 三成様の親友だから♪♪お茶のお話は感激デス!!

孔明 さんからのご投稿(2003.02.06)

三成派 ほんとに豊臣秀頼を盛り立ててくれそうだから

大谷吉継 石田三成との、友誼を守ったから

湯浅五助 さんからのご投稿(2003.01.14)

三成派 我が御大将の古き友であるから。ただ それだけ。

大谷吉継 我が殿にあるからでござりまする。世の中「負けるとわかっていて友の三成に加勢した」と言われるが もしそうだとしたらそれは愚かなり。我が御大将には勝算があった。人望薄き「三成」ではなく西方総大将に「毛利輝元」を挙げ、質はどうあれ小早川の大軍、上杉景勝、真田昌幸・幸村親子、宇喜多の軍勢、それに我が御大将「大谷吉継」があれば誰しも「勝算有り」と思うに違いなし。結果、見誤ってしまったけれどもね。。。小早川の小童、それにくっついた4つの細かい武将達。裏切らないで奮闘してれば、名将になれたかもね。

本位田マタヤン さんからのご投稿(2003.01.12)

三成派 私が9〜10才の頃から、歴史上で一番立派な人は三成様と決めておりまする。

大谷吉継 このお人の生き方は、涙なしには語れません。 我が心の師でありまする。

ハイティーン溥儀 さんからのご投稿(2003.01.06)

三成派 家康も若い頃だったら、私は嫌いではなく同情もできるのですが(信玄相手の「三方ヶ原」や、「築山殿・信康事件」の頃)、秀吉・利家死後〜関ヶ原〜大坂の陣・豊臣家滅亡に至る時期の家康は日本史上「超」最悪の人物と言っても過言ではないでしょう!

大谷吉継 石田三成、大谷吉継、島左近など義に殉じた西軍武将たちの生きざまは、忠臣蔵以上に胸が打たれます!

上様、ネタ投稿を