茨木城の歴史

茨木城のはじまりは、建武年間に楠木正成によるものとするものやその他の説もあり、はっきりしていない。歴史上、その名を現すのは応仁の乱となり、茨木氏の名も奉行衆のひとりとして登場している。

茨木氏は、永禄11年(1568)、織田信長の摂津に侵入した際、信長に降ったため所領を安堵される。元亀2年(1571)、池田氏との戦いで茨木氏は大敗し滅びる(白井河原の戦い)。天正5年(1577)に中川清秀が茨木城に入るが天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いで戦死する。

茨木市史によると、茨木城は中川氏(嫡子の秀政)の三木転封後に、秀吉の直轄領となり、軍事的な役割は高槻城が持ち、茨木城は鷹狩りの御座所となり、茶々が養生する城として使われていたそうだ。この間、安威了佐、河尻秀長が城主を務めるが、関ヶ原の戦いの後は、大和に本領があった片桐且元・貞隆兄弟が茨木城に入る。しかし且元は方広寺鐘銘事件がきっかけで豊臣家から内通を疑われ大坂から退去、且元は大坂の役の豊臣家滅亡後に死去する。慶長20年(1615)、徳川幕府の一国一城令で摂津は高槻城のみとなり茨木城は廃城となる。

それより以前から廃城の動きがあったとも言われ、茨木市史では文禄検地までの間に惣構の撤去、大坂冬の陣後に中心部を残して破却、元和4年までの間に残された部分も消滅し、高槻城に城の役目は集約されたとしている。

片桐且元の弟、貞隆が本領の大和小泉に茨木城の櫓門を移し、慈光院にて現存している。

茨木城の見どころ

茨木城は開発によって地形が失われているため、すべての城域が判明している訳ではない。明治期の地籍図や「本丸東町うらノほり」などその地名が廃城時の城域推定の手がかりとなっている。茨木市史では天守台は茨木小学校の南東に周囲より一段高いところがありその候補地とされているが現地は住宅街となっており、それを体感するのは難しい。

茨木城
茨木城復元櫓門。茨木市立茨木小学校の校門となっている。この門のデザインは前述の大和小泉に片桐貞隆が持っていった櫓門(下写真)を元にしている。

大和小泉陣屋に移築された茨木城櫓門
慈光院(奈良県大和郡山市小泉町)にある茨木城の櫓門。片桐貞隆が大和小泉に持ち帰り、二代藩主片桐貞昌(石州)が、父である貞隆の菩提寺「慈光院」を建立、その櫓門を書院に合わせ茅葺きに変更して使用した。余談ながら、片桐貞昌(石州)は徳川四代将軍にお茶を指南していたこともあって、慈光院ではお茶のおもてなしを大切にしている。

茨木城石碑
茨木小学校に復元された城門脇に茨木城址石碑がある。

茨木城石碑・本丸跡
片桐且元在城碑(茨木小学校内) ※校内のため通常、見ることはできない。

茨木城移築城門(搦手門)茨木神社東門
茨木城搦手門(茨木神社)。

茨木城搦手門の棟木
棟木にデザインが施されているのが特徴だ。

なお、ネット上で間違った配信が多いが、妙徳寺に移築されていた茨木城の城門は今は無い。今から12、3年ほど前(2007年もしくは2008年あたり)に、その部材を文化財資料館が譲り受け同資料館2階で棟木が展示されている。妙徳寺の新造された山門は残念ながら2018年の大阪北部地震で倒壊してしまう。妙徳寺は文禄2年(1593)開基の寺院で「妙徳」は中川清秀の娘の法名。

妙徳寺に移築されていた茨木城の城門
妙徳寺に移築されていた茨木城の城門の棟木。「虹梁形頭貫」という。茨木神社の搦手門の棟木のようにデザインが施されている。

黒井の清水
黒井の清水(茨木神社)。豊臣秀吉の茶の湯にも使われた名水と伝わり茨木神社境内にある。左手の起伏は、茨木城の西の守りである茨木川(天井川)の起伏で、石垣は茨木城の移築と伝わる。

茨木川(元茨木川緑地)
茨木川が流れていた跡で現在は公園となっている(茨木城の西の守り・天井川跡・元茨木川緑地)。

このほか、茨木小学校前の復元城門から南へ170m行くと梅林寺があり、境内には中川清秀の墓がある(非公開)。当時、戦死の報を受け、住職是頓和尚が賤ヶ岳の戦地に向かい清秀の遺髪を持ち帰り供養したと言われている。

梅林寺
梅林寺には中川清秀の墓があるが公開されていない。

賤ヶ岳の中川清秀の墓
中川清秀の墓は賤ヶ岳の山中にもある。茨木市史では、清秀の家臣は池田家旧臣の元同僚で構成され、ほかの家臣も在地土豪ばかり、清秀自身の家臣がいなかった。いわば突貫で構成された家臣団で縦の主従関係が薄く、賤ヶ岳の合戦も先頭に立って家臣を引っ張る必要があったことが、戦死の遠因となったかもしれない、としている。この地域の歴史を知るにつれ、めまぐるしく変わる、いや、変えていなければならない組織とそのスピードに驚かされる。

(文・写真=岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事