大阪城の見どころと特別公開

大阪城は、嫌いな城ランキングにも、好きな城ランキングにも、両方に登場するなんとも不思議なお城だ。この理由はどこにあるかというと、嫌いな理由は、ずばり天守が鉄骨鉄筋コンクリート造で復興されたことによるものが多く、一方、好きな城に選ばれた理由は、11棟の櫓など重要文化財が残ること、他の城より秀でた石垣の壮大さ、つまり二の丸、本丸を含めた城郭全体を観ていることが挙げられる。

要するに価値感が天守オンリーになってしまうと嫌い傾向になる。それでも天守は、大阪人からすれば、長く親しんだ天守なので、現在の象徴的なデザインに愛着を持っている人が多い。戦国時代を生き抜く立身出世のストーリー、武将の憧れの場所であるその残像が、見事に重なるからだ。天守についてはまたいつか触れるとして、ここでは、城郭たる大阪城を構成する建築遺構、重要文化財の特別公開のについて、目に見えるものを中心にガイドしていきたい。

大阪城の大手枡形虎口

現在、第一の門である大手門、その両サイドの大手門北方塀、大手門南方塀、枡形虎口を取り囲む多聞櫓二棟が国の重要文化財指定を受けている。その枡形虎口と現存規模は、国内最大級と言っていい。多聞櫓は、続櫓と渡櫓があり、渡櫓下に虎口第二の城門である大門(おおもん)がある。この二棟を総じて大手口多聞櫓と大阪城では称している。外観はいつでも観ることができるが、内部は常に公開されている訳ではなく、特別公開時のみ入ることができる。

多聞櫓内の説明は、特別公開のA4三つ折りのパンフレットと、櫓内にわずかに設置された案内板のみで、現地ボランティアガイドや公開管理をしている大阪城パークマネジメント株式会社のアルバイトスタッフも、その内部について詳しい訳ではない。

そこで、城ファンの目線で、現地で目に見えるものを中心に、筆者が気がついたことを特別公開時の写真とともに記載しておこうと思う。できるだけ見どころを紹介したい。是非、ここに書かれているポイントを探しながら櫓内を歩いてみてほしい。

(文・写真=岡 泰行)

多聞櫓外昭和修理記

※現在、ページ構築中です。内容をご覧いただくには、しばらくお待ちください。

大阪城の見どころ

何気に関連ありそうな記事