上田城

上田城の歴史

真田昌幸によって1583(天正11)年ごろに築城された上田城は、徳川氏の軍勢を2度にわたって寄せ付けなかったことで有名である。

第一次上田合戦は、1585(天正13)年に行われた。徳川家康が真田領であった沼田城(群馬県)を、北条氏に渡すよう命じたことにはじまる。昌幸は徳川と手切れし、上杉景勝と結んで抵抗。家康は、鳥居元忠、大久保忠世らに約7千の兵をつけ上田城を攻めさせた。徳川勢は二の丸門まで攻め寄せるが、昌幸の巧みな用兵によって退却を余儀なくされる。そこへ戸石城の真田信幸(昌幸の嫡男)なども追撃を加えたことから多くの兵が討ち取られ、徳川方の敗北に終わった。

1600(慶長5)年、関ヶ原の戦いをめぐる地方戦のひとつとも言える第二次上田合戦。西軍についた昌幸と信繁(幸村)に徳川秀忠率いる38,000の軍勢が押し寄せるも、難攻不落の上田城を攻めあぐね、釘付けになったために関ヶ原本戦に遅参した……と言う説が従来あったが、現在では本格攻勢の前に家康から秀忠に宛てた上洛を命じる書状が届いたため、小競り合い程度で秀忠軍は撤退したという説が有力となっている。いずれにせよ上田城は、2度に渡る徳川方の攻撃に屈しなかった事実は残る。

しかし、関ヶ原で西軍が敗れたため、昌幸、信繁父子は高野山(その後、九度山へ移される)へ配流となった。

その後、上田城は徳川方によって破却されたが、真田信之(信幸から改名)領を経て入城した仙石忠政が再建。本丸には7つの櫓とふたつの櫓門があり、天守は築かれなかった。1706(宝永3)年、仙石氏の転封により、十八松平のひとつ藤井松平家が入ってそのまま明治を迎えた。

明治には西櫓を残してほとんどの建物が破却されたり、城外へと移築された。移築されたもののうち上田遊廓にあった2棟を、上田城趾保存会などが買い取り元の位置に戻されている(北櫓・南櫓)。平成以降、東虎口櫓門が復元され、塀、土塁などの整備も進む。

その他の主な見どころ

真田石

東虎口櫓門の石垣にある巨石。ほかの城でも大手門近くなどに置かれることのある「鏡石」の一種と考えられる。高さ約2.5m、幅約3m。真田信之が1622(元和3)年に松代へと転封となった際、昌幸の形見として運ぼうとしたが、びくとも動かなかったという伝説がある。
真田石

真田井戸

本丸跡に鎮座する眞田神社の境内には、深さ16.5mの井戸が残っている。ここには、大坂城の真田丸にあったといわれる「真田の抜け穴」があり、太郎山麓や藩主居館へと通じているという言い伝えがある。
真田井戸

尼ヶ淵

本丸の南側、現在、上田城跡駐車場のあたりは「尼ヶ淵」と呼ばれ、往時は千曲川が流れる天然の堀となっていた。ここの石垣は城の防御だけではなく、洪水から守る役目もあった。
尼ヶ淵

(文=mario・写真=岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事