船上城

住所:兵庫県明石市新明町10 / 兵庫県 / 城ファンチェック: 7

写真:岡 泰行

交通アクセス交通アクセス

鉄道利用

JR山陽本線、明石駅、または、山陽電鉄、明石駅下車、バス10分「明石警察署前」降車、西へ徒歩2分。

明石警察署の西側が本丸跡ですが、住宅街の中に埋没していてけっこうわかり辛いです。明石警察署の南側の道を西へ行くと小さな川(古城川)があり、その橋を渡ってすぐの駐車場の西側の路地を北へ入ります。奥まで進むと田んぼがあり、西側に目をやると目に入る盛り土が本丸跡です。田んぼのあぜ道を通ってそこへ行けます。
(西山忠博 99.05.17)

宿泊宿泊

付近に宿泊施設はなく町の中心地である明石城の方で。「グリーンヒルホテル明石」が最も明石城に隣接しており上階から明石城を一望できる。または明石駅の南側になるが「明石キャッスルホテル」。

兵庫県の観光おすすめ兵庫県の観光おすすめ

明石城とセットで攻めるべし。その明石城前の現存の織田家長屋門(兵庫県明石市大明石1丁目)は、船上城下にあった侍屋敷の門が移築されたもの。

城ファンチェック (7)

  • avatar

    1999.05.17 西山忠博 さんより

    かつては小規模ながら天主を持つ総構えの城郭だったらしいですが、現在は田んぼの中に高さ2〜3メートルの台地があり、船上城跡の看板と古城大明神の祠があるだけです。どうやらその地が本丸跡らしいです。その他は、本丸跡の北側から東側にかけて流れる小川(古城川と言うらしい。)が堀跡だと言われております。南方200〜300m位の所にある望海浜公園に盛り土のようなものがありますが、これは土塁跡でしょうか?

  • avatar

    1999.05.17 西山忠博 さんより

    天正13年(1585年)8月の天下を取った羽柴秀吉の国替えにより、キリシタン大名で有名なあの高山右近が明石6万石を与えられ、高槻から移って築城しました。小さいながら天主や門、堀を持った総構えの城郭で、現在古城川となっている東側の堀が海まで続き、港が開かれていたようです。右近は秀吉から大船2隻を与えられていたことから、瀬戸内海の守りと同時に、外国からの宣教師の来訪も想定していたようです。しかし、高山右近が在城したのは2年あまりで、天正15年(1587年)のキリシタン追放令の際、右近は信仰を捨てず、明石の地を去りました。
    その後、当地は秀吉の直轄領となった後、慶長5年(1600年)に池田出羽守由之が入城。さらに元和3年(1617年)には小笠原忠政が明石藩10万石の領主となり入城しますが、同5年に明石城が完成すると忠政はそちらに入城し、船上城は翌年の1月19日の火災で焼失し、自然廃城となったようです。

  • avatar

    2003.07.13 半兵衛 さんより

    「船上」と書いて「ふなげ」と読む。海からの物資の搬入口がすぐ近くにあったことから、「船上げ」がなまったものではないかと勝手に推測!

  • avatar

    2003.07.13 官兵衛 さんより

    秀吉が大坂の海の守りのために、蜂須賀正勝、高山右近らが配置したと言われている。この地は、明石海峡を望む場所で海の交通を監視できる地である。

  • avatar

    2004.06.01 半兵衛 さんより

    城跡は、畑の中に5m四方ほどの小さな丘が本丸跡と伝わり、その畑を囲むように流れる小堀川が内堀跡である。石垣などは明石城築城の際にすべて持ち去られたそうな。

  • avatar

    2004.06.01 官兵衛 さんより

    畑から西を望むと「寶蔵寺(ほうじょうじ)」という寺があり、その場所が高山右近が教会を建てた場所と地元で言い伝えられている。この城に行くのに明石警察署を目印に行くが、その明石警察署は侍屋敷のあった場所らしい。

  • avatar

    2006.10.02 城の観光好き さんより

    本丸跡の古城大明神の祠のコンクリートの台座に注目です。正方形の穴から中をのぞき込むと、船上城址の石碑が隠されています。その昔、この界隈で石が盗まれることが多く、祠の中に隠したのだそうです。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている船上城ネタをご投稿ください

お城めぐりFANライブラリ:船上城フォト

あわせて読みたい