忍城の立地と歴史、今に残る城の遺構とは

忍城の立地

忍城は現在の埼玉県行田市にあり、北は栃木県との境となっている利根川、南は荒川に挟まれた低湿地帯にある。この2つの河川や支流によって作られた自然堤防や、伏流水が湧き出て集まった沼地に残る島や高地を利用して、忍城は築城された。この立地から、守りにくく攻めにくい天然の要害となっており、関東屈指の名城である。また、備中高松城(岡山県)、紀伊太田城(和歌山県)とともに、豊臣秀吉により水攻めされた城として知られている。

室町時代後期の連歌師である宗長は、永正6年(1509)10月頃に忍を訪れ、「東路のつと」にその様子を記している。

「武州成田下総守顕泰亭にして。
あしかものみきはは雁の常世かな
水郷なり。館のめぐり四方沼水幾重ともなく蘆の霜がれ。二十(三十イ)余町四方へかけて。水鳥おほく見えわたりたるさまなるべし。」
(「東路の津登」『群書類従』第18輯より)

成田顕泰は忍城の城主。これによれば、水郷といえる場所に忍城があったことがわかる。城のまわりは四方とも沼でかこまれ、20町(30町とも)余りもの広さに渡って霜枯の葦が水辺に生え、水鳥も多く見えるような場所だった。

忍築城と成田氏

忍城が築かれた年代には諸説あるが、近年では15世紀の後半に成田氏によって築かれたと考えられている。史料上に忍城の名前が見られる初見は、文明11年(1479)と比定される閏9月24日足利成氏書状で、この頃は古河公方足利成氏と関東管領上杉氏を中心とした戦乱が続いており、成田氏も足利成氏の下で動いていた。

このような状況で、新しい勢力である北条氏が相模国を平定し北関東へも勢力を広げていくと、成田氏は、天文15年(1546)足利氏・上杉氏対北条氏で戦う河越合戦の頃までには、北条に属したと考えられている。さらに永禄3年(1560)に越後の長尾景虎(上杉謙信)が関東へ進軍するとこれに従い、1年半ほど後には北条方に戻る。成田氏は情勢に応じて帰属を変えながら、独自の領域支配を形成していった。

小田原合戦と忍城の水攻め

天正17年(1589)11月に豊臣秀吉が北条討伐を宣言して関東へ出陣し、翌18年3月に駿河の山中城が最初に攻め落とされた。6月、秀吉は小田原城近くに布陣した本隊から、石田三成を指揮官として忍城へ大軍を派遣する。着陣した三成は、秀吉と書簡をやりとりし指示を受けながら、水攻めの準備をすすめた。それは城の周りに約28キロもの堤を築き、利根川と荒川の水を引き入れるという壮大な作戦だったが、これを受けた忍城は周囲よりも少し高い地形にあったため、水に沈まず浮いたように見え「浮き城」と呼ばれたという。さらには、大雨で堤が切れ、三成の陣が冠水し被害が出たともいわれている。

このような水攻めを受けた忍城だったが降伏には至らず、7月1日に北条氏直が降伏の意を示し5日に開城をした際にも、忍城は籠城していた。しかし開城の交渉が進められ、7月14日に忍城は秀吉方に引き渡された。

江戸時代の忍城

小田原合戦後、天正18年8月に徳川家康が関東に移ると、忍城は家康の4男である松平忠吉に与えられ、城預かりとして松平家忠が入城した。家忠は、水攻めで荒れた城や城下を修復する。慶長5年(1600)に忠吉が尾張に移ると、忍領は徳川氏の蔵入地や旗本領となり、城には城番が入った。やがて、寛永10年(1633)に「知恵伊豆」の異名で知られる松平信綱が藩主として城に入り、次いで阿部忠秋が5万石で藩主になると、城や城下町の大規模な拡張・整備が進められる。信綱と忠秋は徳川家光の小姓から出世し老中に上り詰めたため、忍城は武蔵河越や下総佐倉と並ぶ「老中の城」として幕府を支える重要拠点と位置づけられた。以後、阿部氏の統治が続き、忠秋の孫で5代将軍綱吉の老中となった正武の代、元禄15年(1702)に忍城の御三階櫓が完成し、この頃に城と城下が完成した。

文政6年(1823)に阿部氏が陸奥白河へ移ると、代わって奥平松平氏の松平忠堯が藩主となり、以後松平氏の統治が続き、明治維新を迎える。廃藩置県後は廃城となり、明治6年(1873)に一部の土塁を残して城は取り壊された。

現在も残る城の遺構

本丸跡付近

本丸土塁

本丸西側を囲む土塁。土塁や土塀が復元されているが、旧状を残している箇所もある。

忍城櫓の石垣石

城内の櫓にあった石垣。元禄15年(1702)に三階櫓と二階櫓が建てられていたが、明治6年(1873)に解体された。

伝進修館表門

藩校「進修館」の表門と伝えられる。現存する行田市唯一の武家屋敷の表門

時の鐘

元は伊勢桑名にあったもので、文政6年(1823)に松平氏が忍へ移封されるときに忍へ移された。鐘楼は諏訪曲輪の土塁上に移築され、鐘は取り外され博物館で展示されている。

忍諏訪神社北側の土塁と堀跡

明治6年(1873)の廃城後、遺構は諏訪曲輪の空堀と土塁、大手湖沼の一部のみだったが、昭和63年(1988)に御三階櫓が復興されるなど、公園整備により、本丸周辺の堀や土塁も復元された。往時の曲輪群は姿を消しているが、街の中にある石碑を訪ね歩くと城域を体感することができる。

その他、總願寺(埼玉県加須市不動岡)に移築城門、北谷門が残っている。

(石田三成と水攻め関連遺構は、歴史スポットの項目を参照されたし)

忍城の城下町 行田市

ドラマにもなった足袋の名産地

江戸時代中期には忍の名産品として知られていたのが「足袋」。近代にはミシンが使われるようになったことで生産が増大し、最盛期である昭和13年(1938)には年間約8,500万足、全国シェアの約8割を占めた。市内には現在でも「足袋蔵」と呼ばれる近代化遺産も多い。平成29年(2017)に「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」のストーリーが、文化庁の日本遺産に認定される。2017年10月にTBSで放映されたドラマ『陸王』でも行田の足袋が有名になった。
また、2007年の小説および2012年の映画『のぼうの城』で、忍城と石田三成の水攻めの物語が描かれている。

(「忍城の立地と歴史、今に残る城の遺構とは」文:haya)

何気に関連ありそうな記事