広島城

広島城の歴史

鯉(り)城という別名を持つ広島城。築城したのは、豊臣政権五大老のひとり、毛利輝元である。毛利氏はそれまで、吉田郡山城(広島県安芸高田市吉田町)を代々の居城としていた。しかし、山あいの吉田では瀬戸内や山陽路の交通の便が良くないこと、時代が山城から平山城・平城に移っていたこともあり、太田川がデルタ地帯を形成していた五箇村の地に新たな城地を求めた。このとき、広島という地名も名づけられたとされる。

1589(天正17)年から築城がはじまった。このとき豊臣秀吉は重臣の黒田孝高(官兵衛)を派遣し、城造りにあたっての助言をさせたと伝わる。また、大坂城や聚楽第も参考にされたという。1591(天正19)年には天守が竣工し、輝元も入城している。築城自体はその後も続き、完成をみたのは関ヶ原の戦いの前年、1599(慶長4)年のことだった。

関ヶ原の戦いに際して、西軍総大将として大坂城にあった輝元。戦後は領地を大きく減らされ、広島を出て萩城へと移っていった。替わりに入封したのが、関ヶ原の戦いでは東軍で活躍した福島正則。領内に三原城など6か所の支城を置き検地を進めるなど、領国経営強化を図っている。本丸、二の丸など今に残る遺構も、ほとんどが正則時代に完成したとみられる。

広島城裏御門跡と土橋
広島城裏御門跡と土橋。

1601(慶長6)年には、穴太衆を使い石垣など広島城の修築にも着手。西国街道を城下を通るように付け替える(付け替えは輝元時代との説もあり)など、城下町の整備にもあたった。しかし、1617(元和3)年には大洪水が発生し、本丸や二の丸を含む石垣などが被害を受ける。正則は翌年から本格的な復旧工事を始めるが、これがのちに改易のきっかけとなってしまった。

福島正則が改易の理由となった本丸石垣の復旧工事跡
福島正則が改易の理由となった本丸石垣の復旧工事跡。

1615(元和元)年に制定された武家諸法度では、城を修復する場合に届け出ることが定められていた。幕府は修築部分の破却を命じたが、正則は一部のみで済ませるなどしたため、時の将軍、徳川秀忠の逆鱗に触れ、安芸・備後召し上げの上、信濃高井野4万5千石への転封という重い処分が下された。

続いて徳川家康の娘婿にあたる和歌山城主、浅野長晟(ながあきら)が42万石余で入封した。浅野藩政はその後、幕末まで続く。1864(元治元)年の第1次長州征討では、城下の国泰寺に幕府の征長総督府が置かれた。

1871(明治4)年の廃藩置県に伴い、広島県庁が本丸内に設置される。その年のうちに鎮西鎮台第一分営(後に広島鎮台を経て第5師団となる)が置かれ、県庁は移転した。1894(明治27)年に始まった日清戦争では大本営が置かれ、東京から明治天皇も移り、講和条約締結まで滞在した。東京遷都以降、首都機能が東京以外に移転した唯一の例となっている。

広島大本営跡
広島大本営跡。

1926(大正15)年には大本営跡として国の史跡に指定され、1931(昭和6)年には天守が、国宝の指定を受けている。天守以外にも表御門、多聞櫓、太鼓櫓などが残っていたが、1945(昭和20)年8月6日、米軍が広島市に投下した原子爆弾により、倒壊・焼失した。このとき天守は、爆風によって建物全体がほぼそのままの形で天守台からはがされた後、ばらばらに壊れたという話が伝えられている。しかし、近年の研究では、爆風によって下層部分が破壊され、上部3層は一旦はそのままの形で天守台からずれ落ちたが、重さを支え切れずに倒壊したことが分かってきた。天守を構成していた木材は焼けずに残り、戦後その多くが、住宅建築などの材や薪として使われたという。

戦後になり原爆被害からの復興が少しずつ進む中、天守再建の声も市民の中から少しずつ広がっていった。1951(昭和26)年には、広島国体の協賛事業、体育文化博覧会(スポーツ博)の開催に合わせて、天守台にやや小振りな木造仮設の「二台目天守」が約半年間建てられている。

それから7年後の1958(昭和33)年、開催される広島復興大博覧会に合わせて、天守が鉄筋コンクリート造の外観復元により再建されることになった。1957(昭和32)年から工事が始められ、翌年3月末に竣工。4月から5月20日までの博覧会期間中、会場となった広島城や平和記念公園などを訪れた人は90万人以上といわれている。

内堀から見る広島城天守
内堀から見る広島城本丸と天守。

現在の天守は博物館となっており、広島城の歴史や城下町の様子、浅野家に伝わる武具などが展示されている。最上階は展望室になっており、原爆ドームなど広島市内が眺められる。晴れた日には、宮島も見える。

広島城二の丸平櫓・多聞櫓・太鼓櫓

1989(平成元)年から、二の丸表御門と御門橋の木造復元も進められた(完成は91年)。これは、発掘調査や戦前に撮られた古写真、残された図面などが元になっている。その後、平櫓、多聞櫓、太鼓櫓、西側塀も復元されている。

広島城の構造

太田川河口に築かれた広島城。総面積は約90万平方メートルと、広大なものだった。現在は本丸と二の丸、それを取り囲む内堀が残るのみだが、当時は3重の堀に囲まれた堅固な城だった。

本丸は上段と下段に分かれていて、上段の北西隅に5層5階の天守があった。天守は大入母屋造の屋根を持つ望楼型で、当時は東側と南側ふたつの小天守(いずれも3層)を従え、多聞櫓(廊下)で接続されていた。聚楽第や秀吉時代の大坂城を参考にしたといわれているが、聚楽第に関しては図面が残されていないので不明である。それ以外に、88の櫓があったとされる。

本丸上段の広さは約5,000坪で、藩主の住まいや政務を執った本丸御殿が置かれていた。東側、南側は現在、土塁となっているが、福島正則の時代にはここにも石垣があった。城の無断改修を幕府に指摘された際、正則はこの部分の石垣を取り崩してやり過ごそうとしたが、「改修部分全ての取り壊し」という条件を満たしていなかったため、改易へと追い込まれることとなる。

本丸の南には角馬出しの機能を持つ二の丸があり、本丸と二の丸を囲む内堀の外には三の丸が置かれた。なお、毛利時代の絵図や発掘調査により、輝元の広島城は、本丸の出入り口や二の丸(馬出し)の有無など、後の姿とは異なるのではないかという説もある。

一方、城内の石垣は、毛利時代、福島時代の違いも見て取れる。例えば、天守台や二の丸から北西方向にある本丸の横矢掛り(堀に突き出た)部分には、隅石が算木積みではない古い手法で積まれている。石垣好きならチェックしておきたい。

被爆樹木

広島城内には、明治以降もマツやスギを中心とした多くの樹木が植えられていた。しかしその多くは、原爆投下による爆風や火災で大きな被害を受けている。中には、大本営跡の正面付近(爆心地から約910m)にあったクロガネモチ、二の丸から本丸中御門に続く土橋の傍らにあったマルバヤナギ(爆心地から約770m)、二の丸内にあったユーカリ(爆心地から約740m)など、被害を逃れて復活したものもある。これが、戦後復興の象徴のひとつとなっている「被爆樹木」である。

広島城の被爆樹木ユーカリ
大本営跡など第2次世界大戦時の史跡については、広島城ページの「歴史スポット」の項を参照されたし。

本丸中御門跡

二の丸から土橋を通り本丸の入り口にあったのが、本丸中御門跡である。堀に対し直角に構えられた、いわゆる桝形的な構造になっていた。原爆投下による火災により、焼けてひび割れた石垣が今も残っている。また、城内最大の「鏡石」も注目ポイントだ。

広島城本丸中御門跡に残る原爆投下による火災により、焼けてひび割れた石垣
原爆投下による火災により、焼けてひび割れた石垣。

広島城本丸中御門跡の鏡石
本丸中御門跡の鏡石。

(文=mario 写真=岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事