木曽川と犬山城の夕暮れ

犬山城の歴史

犬山城は、天文年間、それまであった砦を織田信長の叔父、信康が改築し入城したと言われているが諸説あり。永禄8年(1565)、織田信長が尾張を統一すると、丹羽長秀や池田恒興らが在城した。その後も城主はたびたび替わるが慶長12年(1607)、尾張に入封した徳川義直の附家老となった平岩親吉が城主となった。元和3年(1617)には親吉に代わって附家老となった成瀬正成が入城。城主としての成瀬家が明治まで続いた。明治元年(1868)には、尾張藩から独立するかたちで、犬山藩が成立している。

明治4年(1871)の廃藩置県後は、天守を除く建物は払い下げや解体が行われた。明治24年(1891)に発生した濃尾大地震で、天守が半壊。その修復と保存を条件に旧藩主の成瀬家に無償譲渡され、平成16年(2004)まで、全国的にも珍しい個人所有の城となっていた。その間、昭和10年(1935)に国宝に指定されている(1952年に再指定)。

昭和34年(1959)の伊勢湾台風でも被害を受けたため、昭和36年(1961)から4年をかけて、解体修理が行われている。平成16年(2004)、成瀬家より財団法人犬山城白帝文庫(現在は公益財団法人)に寄贈された。

犬山城天守

野面積みの天守台に立つ三重四階で高さ19mの天守は、現在見る姿では前記望楼型の特徴を持つが、当初は二階櫓で後年、望楼が増築されたもの。さらにその後、唐破風や高欄などが追加されている。二階櫓を建てたのが織田信康で成瀬氏入封後、望楼が造られたと言われることもあるが、残された同時代史料では確認されていない。

犬山城天守南面

2021年3月、犬山城の天守は、現存天守の中で最も古いことが、名古屋工業大学大学院の年輪年代法という手法で分析調査によって明らかになった。昭和36年から行われた解体修理で2階までは天文6年(1537)頃、織田信長の叔父である信康によって建てられ、それより上階の3・4階部分はその約60年後に築造されたという上記の説が有力だったが、天守の目に見える全ての建材を調査した結果、天正13年(1585)からの3年間に伐採され1階から4階まで一度に建設されたことが分かったという。

いずれにせよ、唐破風や華頭窓によって古武士のようにも見える容貌が、犬山城天守の印象をより特徴づけている。

犬山城天守内部

現在では、天守以外のほとんどでかつての遺構を見ることはできない。構造的には、城域の最北部、木曽川に面した断崖上に本丸が置かれ、そこからほぼ南に向かって大手道が形成されている。大手道の両側に杉の丸や桐の丸。樅の丸といったほぼ独立した郭が置かれ、その間に城門が多数設けられていた。犬山市教育委員会が2017(平成29)年に出した資料『犬山城の謎を解くー犬山城総合調査の成果ー』によると、城内から外へ討って出やすい攻撃型の城であったという。

(文:mario 写真=岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事