上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事 

出具守 さんからのご投稿(1999.10.27)
武田晴信「みなの者、砥石城を攻め村上義清の息の音を止めようぞ。」
家臣「はは、早速に軍勢を集めまする。」

早速甲斐の軍勢が古府中に集まったが、
なぜかみんな刀・槍だけでなく包丁・鎌・ハサミまで持参していた。

武田晴信「やっぱ、やあめた。里見今宵のとぎをせい。」
家臣「甲斐にはいい砥石が無いんだよな、
あそこの石は良く研げるて聞いたんだけど。」
出具守 さんからのご投稿(1999.10.27)
武田晴信「山本勘助はあるか。」
山本勘助「はは、これに。」
武田晴信「毛利元就公にこの書状を届けてくれ、
武田碁石金10枚を手みやげとするがよい。」
山本勘助「かしこまって候。」

・・摂津辺たりにて
山本勘助「ああまだ先長いよな。毛利に何の用事だろう、密書見ちゃおうっと。」

密書 拝啓 元就ちゃん、あんたのとこに銀山あるよね。武田の
   碁石金をサンプル上げるから、銀で同じの作ってさ金銀碁
   石で囲碁やろうよ。  晴信

山本勘助「……。」

その後、山本勘助の行方は忽然と消え去った。
出具守 さんからのご投稿(1999.10.27)
武田晴信「山本勘助はあるか。」
山本勘助「はは、これに。」
武田晴信「今川氏真公にこの書状を届けてくれ、
武田碁石金20枚を手みやげとするがよい。」
山本勘助「かしこまって候。」

「氏真公、武田晴信公よりの書状でこざいます。」

書状 拝啓 氏真殿、貴殿の蹴鞠の技は日本に埋もれさすのは
   はこの上もなくおしい。南蛮伊国に背里絵亜なる
   蹴鞠の強豪でぜひともその腕発揮されん事をお勧
   め申す。ここに紹介状と渡航費用をお渡し致す。
     晴信

今川氏真「朝比奈はおるか。」
朝比奈「はははこれに、して晴信公はなんと。」
今川氏真「余はこれより南蛮に渡来いたす。
駿河の仕置きは晴信公とよきにはからえ。」

今川氏真は船上の人となり、駿河は武田の領有する所となった。
伊東伊東斎 さんからのご投稿(1999.09.30)
上杉謙信「川中島まで出向き、武田と雌雄を決する!」
家臣一同「しかし、それは時期尚早では?」
上杉謙信「うわーん、みんなが言うこと聞いてくれないよー、出家してやるー」
上杉景信「殿ーちょ、っちょっと…」

こーして謙信君は雪の北陸を走るのでした…
…走れ!、謙信!家臣が止めにきてくれるまで!!
丹波大納言 さんからのご投稿(1999.09.28)
蘭丸「上様!明智様のあのご様子、謀反の心ありと見えますが...。」
信長「そうかのう。あれは、ああいうやつじゃ。」
蘭丸「ここはひとつ、ためされては?」
信長「ほほう、どうやって?」
蘭丸「中国出陣の途、京 本能寺にわざと手勢を少なくして泊まります。」
信長「なるほど!悪しき心あらば、そのとき必ず謀反をおこすと。
おもしろい!やってみよう!」

蘭丸「上さま!!む、謀反にございます。」
信長「いずこの手のものか!」
蘭丸「明智がものとみうけられます!」
信長「やはりそうか!蘭丸、でかした。そちの読みどおりじゃな!」
蘭丸「はは、ありがたきしあわせ。」
信長「で、見方はいずこに?」
蘭丸「はっ?....」
信長「....」
禿武者 さんからのご投稿(1999.09.20)
備中高松城付近にて1

羽柴秀吉「大トラ、いや大殿はまだ来ないのかのー、わっはっはっは」
黒田官兵衛「さるう、いやさようでございますなあ」
羽柴秀吉「嫌な奴……。」
禿武者 さんからのご投稿(1999.09.20)
備中高松城付近にて2

羽柴秀吉「暇じゃのう。なにかおもしろことでもないか!」
黒田官兵衛「鏡でも見ます?」
羽柴秀吉「…チョウむかつくって感じ!!」
禿武者 さんからのご投稿(1999.09.20)
備中高松城付近にて3

羽柴秀吉「ええい!こうなったらこちらから攻め込んでやろうか!」
黒田官兵衛「それが良いでしょう。おーい、浮き輪一つ持ってこい。」
羽柴秀吉「ウッキー!!」
長尾久三郎持景 さんからのご投稿(1999.09.20)
どがぁん どがぁん どがぁん どがぁん どがぁん どがぁん

家臣「殿、最近お体の調子はいかほどに…?」
家康「大砲の音がうるさくて、眠れんわ!」
家臣「でも、殿が大砲作戦やれっていったんでしょぉ?」
家康「ううむ。耐えろ家康!もう少しで、淀と秀頼を…、もうすこしで……。」

ドタッ

家臣「殿がお倒れになったぞ〜!典医はよう来い!!」

ザワザワザワザワ

幸村「それっ!この期を逃がすな!!全軍突撃!!」

ワァ〜〜〜〜〜〜〜〜 ガキンガキン

幸村「家康を討ち取ったぞぉ!残りの兵を討ち取れ〜〜〜!!」

こうして、大阪の陣は東軍の大敗によって、幕を閉じた。
長尾久三郎持景 さんからのご投稿(1999.09.20)
上杉謙信からの手紙
「信ちゃん(信玄)、この前の川中島の戦いは、痛い目にあわせてごめんね。
そのお詫びとして、傷薬を送るから許してね。お願い(^^) けんしんより」

手紙と一緒に、白い粉のはいった、たくさんの袋が送られてきた。

信玄「これは毒かもしれぬ…」
知ったかぶり家臣「信玄様!これは、西洋の名薬ですぞ!」
信玄「なにっ!まことか?!すぐさま負傷兵の治療をしろ!」
家臣「ははっ!!」

一時間後、傷口に塩を塗られた兵士は、呻き声をあげて、のた打ち回ったとさ。
上様、ネタ投稿はこちらから

上様、六つの部屋からお選びを!

人材募集  一句  伝言板
買います  売ります  ある日の出来事