人吉城水の手門跡

約700年にわたり球磨地方に君臨した相良氏の城

中世から明治まで、人吉城を拠点に約700年にわたり球磨地方に君臨した相良氏。これだけ長きにわたって居城を変えなかった大名領主は、全国で見ても相良氏のみである。

鎌倉時代初期の1198(建久9)年、源頼朝の命によりこの地に下向した相良長頼は、それ以前にこの地を所領していた平頼盛の代官、矢瀬主馬助を滅ぼし人吉城に入城したという。そして城の改修に取りかかるがその際、三日月模様を持つ石「繊月石」が見つかる。これに倣い、繊月城が異名となった。

相良氏は、薩摩・日向へと至る要所であるこの城を拠点に、まわりの北原氏、島津氏、名和氏などと争いながら勢力を確保し続けた。第20代当主、義陽は1581(天正9)年、島津氏に降伏・臣従したが、その直後、阿蘇氏の重臣であった甲斐宗運との響野原の戦いで討ち死にしてしまう。家督を継いだ頼房(後の長毎)は、島津氏にしたがって九州各地を転戦する。1587(天正15)年、豊臣秀吉の九州攻めがはじまると抵抗した後に降伏。人吉の地は安堵された。

関ヶ原の戦いでは西軍について大垣城を守っていたが、西軍敗退を受け義兄弟の秋月種長、高橋元種とともに東軍に寝返り、徳川家康から領地を安堵されている。

1862(文久2)年、城下の鉄砲鍛冶、恒松寅助宅から出火した火事は大火となり、城内外の多くの建物が被災した(寅助火事)。明治を迎え、1871(明治4)年の廃藩置県により廃城となった。その後、1877(明治10)年の西南戦争では西郷軍の拠点となり、官軍の攻撃で多くの建物が焼失した。

1961(昭和36)年、国指定史跡となる。それ以前から「人吉城公園」として整備が進んでいたが、1989(平成元)年には隅櫓が、1993(平成5)年には大手門脇多門櫓などが復元されている。

中世期の人吉城は、東南部の「原城跡」を含む複数の郭を持つ、いわゆる群郭式城郭であったと考えられている。義陽のころから1639(寛永16)年まで、何度かの中断をはさみながら大改修が行われ、球磨川と支流の胸川を天然の水堀として利用し、石垣を用いた近世城郭となった。本丸には天守はなく、護摩堂と呼ばれる二階建ての建物があり、二の丸に藩主の御殿が置かれていた。

幕末に行われた改修では、現在も水ノ手門跡と御下門跡に残る武者返しの石垣が取り入れられている。この「武者返し」は、熊本城のような美しい反りを持つ高石垣ではなく、石垣の上部にはね出しを取り付けたものだ。これは五稜郭(函館市)や品川台場(東京都)でも使われた西洋式のものである。

(文:mario)

何気に関連ありそうな記事