名古屋城
名古屋城が築城される80年ほど前、ここには今川氏が尾張攻略の拠点として建てた那古野城(柳の丸)があった。場所は現在の二之丸あたりだと推定されている。

天文期(1532年〜1555年)のはじめ頃、織田信秀が当時の城主、今川氏豊(義元弟)から奪い取り、1546(天文15)年頃に古渡城へ移るまで居城とした。信秀の嫡男、信長がここで誕生したとも言われている(最近は勝幡城生誕説が有力)。1555(弘治元)年、信長は居城を清須(清洲)城に移し、叔父の信光、重臣の林秀貞が城主となったが、やがて廃城となった。

那古野城

この地が再び歴史の表舞台に登場するのは、関ヶ原の戦い(1600年・慶長5年)の後のこと。若くして病没した清須城主、松平忠吉(徳川家康四男)に代わって、九男の徳川義直が入ったことにはじまる。このとき、清須は水害を受けやすいという上申があり、新たな城地としてかつての那古野城跡が選ばれたのだ。

家康は、加藤清正や福島正則、細川忠興など20家の外様大名を動員し、城づくりに当たらせた(天下普請)。未だ大坂城にいる豊臣秀頼に対し、にらみを利かす拠点のひとつとして築かれたものだ。外様大名に普請を任せたのも、彼らの経済力を削ぐためであったとも言われる。天守は作事奉行、小堀政一(遠州)と大工頭の中井藤右衛門正清が手がけた。1612(慶長17)年、金鯱をいただいた大天守、小天守が完成。1615(元和元)年には本丸御殿もできあがった。城下町には、清須の住民が半ば強制的に移住させられ(清須越し)、現在の名古屋市へとつながる町が形成された。

1752(宝暦2)年、時の藩主、徳川宗勝は天守の大規模な修理(宝暦の大改修)を行った。これは、経年変化によって傾いた天守を元通りにするため、天守台の石垣を積み直したほか、一部屋根瓦の銅瓦への葺き替えなど細かな改造も施されている。

明治を迎え、1872(明治5)年に東京鎮台第三分営(後の名古屋鎮台)がおかれ、本丸はその本部となった。この頃、二之丸御殿をはじめ二之丸や三之丸にあった多くの建物が破却されている。1879(明治12)年、陸軍省や内務省などが、姫路城とともに城の永久保存を決定。1893(明治26)年には、本丸および西之丸の東部が名古屋離宮となった。その後、1930(昭和5)年、当時の宮内省から名古屋市に下賜され、翌年から天守の一般公開も実施されている。

1932(昭和7)年、国の史跡に指定されたのを期に名古屋市は、国宝(当時)の建物24棟の実測調査を開始。1940(昭和15)年からは写真に残す作業も行われ、700枚以上のガラス乾板にその姿が保存された。

1945(昭和20)年5月14日の名古屋空襲により、名古屋城も天守や本丸御殿など多くの建物が焼失した。1955(昭和30)年、名古屋城再建準備委員会が結成され、1957(昭和32)年に天守再建工事着工。2年後に鉄筋コンクリートで外見復元された大天守・小天守・正門(榎多門)が完成した。2009(平成21)年からは実測図や写真を元に本丸御殿の復元計画がスタートし2018(平成30)年、全面公開が始まった。現在は、天守の木造復元が検討されている。

名古屋城本丸御殿

名古屋城の縄張り

空堀で囲んだ本丸を中心に、西側に西之丸と御深井丸(おふけまる)、東南に二之丸が配され、周囲を幅広い水堀が囲んでいる。さらに南側に三之丸が置かれ、そのまわりも水堀があった。全体的に直線を多用したシンプルな構成と言われるが、規模が大きいこともあるため質実剛健といった印象がある。本丸、二之丸、西之丸、御深井丸はそれぞれ独立し、本丸の南と東には馬出しを設けるなど、防御にも優れていた。

名古屋城の石垣

名古屋城の石垣は切込接(きりこみはぎ)や算木積みなど、慶長年間における城の石垣のひとつの到達点とも言えるものである。近世城郭を全国各地で築いていた諸侯が集まり、それぞれが持つ技術を競いあう「品評会」のような雰囲気があったのかもと考えると、より興味が湧く。天下普請で多くの大名家が集まったことから、刻印も多く見られる。

加藤肥後守内小代下総・名古屋城天守台石垣刻印

自ら望んで天守台の石垣を担当したのは、加藤清正。当時の史料によると、清正は角石を揚げる際、幕を張って工事の現場をを隠しながら作業したそうだ。彼が築いた天守台石垣は、本丸を囲む空堀の底からの高さ19.5m。熊本城同様、美しい反りを持つ石垣が、大きな天守をしっかりと支えている。なお、本丸東御門にある幅6m、高さ2.5mの城内最大の巨石は「清正石」と呼ばれているが、ここは黒田長政が担当しているため、清正由来の石ではないとされる。

(文:mario 写真:岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事