宇和海から見る宇和島城

宇和島城の歴史と構造

この地にはそれまで、国人領主の拠点や小早川氏、戸田氏の支城があった。1595(文禄4)年、藤堂高虎は伊予国宇和郡に7万石で封じられると、領内を検分して板島大串城を居城に定めた。翌1596(慶長元)年から築城がはじまり、1601(慶長6)年には天守が完成している。城域は「空角の経始(あきかくのなわ/くうかくのけいし)」と呼ばれる不等辺五角形(一辺が450m〜800m)で北西部は海に面し、堀にも海水を取り入れた海城であった。

1608(慶長13)年、今治に転封となった高虎に代わり伊勢国から富田信高が入る。1613(慶長18)年に信高が改易されると、1年間の天領を経て1614(慶長19)年、伊達政宗の庶嫡子秀宗が10万石で入封した。このころ、宇和島城の名が付けられたと伝わる(板島を宇和島と改めたのは高虎とも言われるが、定着までに時間を要したようだ)。

二代藩主の宗利は1664(寛文4)年から約7年かけて、城の全体を改修した。現在残る天守も、このときに造られたものだ。その後、幾度かの修理を経て幕末を迎える。八代藩主の宗城は、松平春嶽(福井藩)、山内容堂(土佐藩)、島津斉彬(薩摩藩)とともに「幕末の四賢候」に数えられている。

宇和島城の登城路
明治を迎え、櫓や城門には解体されたものも多かったが1934(昭和9)年、天守と追手門が国宝(当時)に指定されている。なお、追手門は戦災で焼失している。1949(昭和24)年、伊達家は城を宇和島市に寄贈。翌年施行された文化財保護法により、天守は国の重要文化財に指定された。1960(昭和35)年から1962年にかけて、天守の解体修理が行われている。

1927(昭和2)年、伊達家が旧城域である城山の植生保護を提唱。現在でも、クスやクロガネモチ、ヤブツバキ、モウソウチクなど450種以上の植物が自然なかたちで残っている。

宇和島城の構造

海抜約80mの最上部に本丸が置かれ、それを二の丸、藤兵衛丸、代右衛門丸、長門丸が囲んでいる。三の丸には伊達秀宗の時代、伏見城から移築された屋敷があった。延享年間(1744〜48年)に作られた「宇和島古図」では、17の門と33の櫓があったとされている。

宇和海と宇和島城
写真は、愛宕公園展望台から望む宇和島城。天守の背後に宇和海が観られる。3層3階の天守は本丸内に独立して築かれており、戦いのためというより権力を象徴するものとして造られており、山間に残る荒々しい戦国時代の石垣と異なり、どちらかというと平和の象徴だ。

上り立ち門

宇和島城上り立ち門
上り立ち門は、搦手口にある現存の門で、豊後橋と搦手門を経て本丸へと続く道沿いに立っている。本瓦葺きの薬医門型式で、宇和島市有形文化財の指定を受けている。

藩老桑折氏武家長屋門

藩老桑折氏武家長屋門
桑折氏武家長屋門は、三の丸から登る城山北登城口にある。元は家老の桑折氏屋敷にあった長屋門(宇和島市中央一丁目)を、ここに移築したもの。江戸中期のものと推定されている。移築時に間口が半分ほどに縮小された。すぐ近くに桑折小児科があり、もとの場所がそこなのかもしれない。なお、長屋門のすぐ左手に、三の丸御殿にあった「殿使いの井戸の手水」が残されている。

(文=mario 写真=岡 泰行)

宇和島城に戻る

何気に関連ありそうな記事