竹田城

住所:兵庫県朝来市和田山町 / 兵庫県 / 城ファンチェック: 15

写真:岡 泰行

開城時間開城時間

山開き時期、入城禁止、入城エリアの制限、登山ルートなど、朝来市サイトで随時確認が必要です。

観覧料は、平成27年3月20日より大人(高校生以上)500円、団体450円、中学生以下無料(有料化:平成25年10月1日)

 天空の城、竹田城址は山頂に残る戦国時代の遺跡。冬は積雪があるため、12月下旬あたりから2月までは積雪があり危険。また雲海を夜明け前から狙うときなど虎臥山の山頂にあるため暗くて危険だ。充分に注意しよう。なお、山だからといってテントを持ち込んだりしてはいけない。竹田城は国重要文化財(史跡)なので、マナーを守って登城しよう。

交通アクセス交通アクセス

※竹田城跡への早朝の登城について、雲海シーズンは、シャトルバスでのみの登城と規制がかかっていることがあります。

鉄道利用

JR播但線、竹田駅下車、徒歩40分。

駅から徒歩の場合はちょっと体力がいる。海抜354m、虎臥山の山頂が竹田城跡。山頂までは竹田駅の西側にある法樹寺の北側から徒歩で、途中、竹田城の石垣に使う石を切り出した石切場などを見ながら登城できるが急勾配の徒歩40分。(現在、登山道工事のため通行止め(平成26年3月頃まで)。迂回路として城南台側の南登山道から約60分)

JR竹田駅からタクシー利用

急勾配の登山はちょっと…という人は、駅からタクシー利用で。日中はJR竹田駅構内の「わだやま観光案内所」で呼んでもらえる。または竹田駅のとなりのJR和田山駅でタクシーを。和田山駅から約20分で竹田城の第一駐車場に着く。

タクシー利用で雲海狙いの場合

雲海狙いの場合は、ちょっと注意が必要だ。タクシーの運行は朝5時以降。朝は台数が少ないため要予約となる。「竹田城の雲海が見たい」と言えば、対応してくれる。なお、夜明け前の風景は興味がなく、写真こだわり派でもない場合は、朝6時とか7時とかのタクシー利用で日の出から1〜2時間ほど出ている雲海を充分楽しめる。時期により異なるのでタクシー会社に相談するも良いかも。雲海狙いだとどうしても早朝になるので、前泊が良く、竹田駅近郊(3件のみ)、または和田山駅近郊で宿泊すると良い(後述)。

  • 全但タクシー TEL:079-672-2807
  • 旭タクシー TEL:079-672-3221
  • ふく福タクシー TEL:079-670-1269
 

マイカー利用

播但連絡道路、和田山ICから、国道312号線を南へ約10分。

車道は2つあったが、2013年度現在、加都交差点から西へ入り、山城の郷を経由する「西登山道」が登り専用となり、下りは竹田交差点へと出る「南登山道」を利用する。花屋敷下の第一駐車場、第二駐車場(60台程度)に着く。駐車場から徒歩のみ区間となり、大手門跡まで約15分。(2013年11月末現在)

その昔は大手門跡前まで車で入ることができたが、現在は第一駐車場から先の道路は車両進入禁止となっている。

なお、12月中旬から3月頃まで、降雪や凍結で危険が予想されるため、登り口の「山城の郷」から山腹駐車場を経由して降り口の城南台に至る道路が車道通行止めとなる。積雪情報とともにチェックしておこう(冬期は竹田城の西側「山城の郷」へ駐車し、そこから徒歩で登城となるが入山規制されることもある)。

文献資料文献資料

縄張図について

駐車場にBOXがあり、簡単な縄張り図が書かれた資料を手にいれることができる。

立体模型

天空の城、竹田城の立体模型が、JR竹田駅構内の「和田山観光案内所(月・木が定休日)」に展示されている。

一押しの書籍

書籍:史跡 竹田城跡書籍では、その昔、和田山町が発行していた『史跡 竹田城跡』が良い。すでに絶版になっているがたまに古本オークションなどでお目にかかれる。竹田城はもとより、その詳細な縄張り図、城下町の構造や眼鏡橋方面の当時の家臣屋敷跡、竹田城の支城の場所など明確に記されている。竹田城とその城下町など全体像が解る本として一押しの書籍。

 

2014年に改訂版『史跡 竹田城跡』発行

『史跡 竹田城跡(改訂版)』書籍『史跡 竹田城跡(改訂版)』『わたしたちの竹田城』の2冊が、情報館天空の城(旧木村酒造場EN内)などで販売されている。詳しくは朝来市のサイトでチェック。tomita3 さんから教えていただいた。この場を借りて御礼申し上げます。

資料館について

竹田城の麓、南側にあった資料館「観光情報センター」は今はなく、竹田城の立体模型は、JR竹田駅構内の「わだやま観光案内所」に移設された(観光情報センターに展示されていた資料の多くは所有者に返還)。また、竹田城跡の西側にある「山城の郷(水曜定休日)」2階に、2010年8月28日に簡単な資料が展示された。

また、2013年11月10日にオープンした、JR和田山駅から徒歩3分のたけだ城下町交流館内の「情報館 天空の城」にも模型がある。

竹田城の雲海を見るためのチェックリスト

いつ行くべきか、雲海予報はできるのか?

竹田城の雲海を見るには、いつ行けば良いのか、用意するもの、駐車場、電車で行って見られるのかなど事前に雲海を見るための狙い目を下記リンクでチェックしておこう!

竹田城の雲海予報はできるのか

撮影アドバイス撮影アドバイス

代表するアングルは3つ。「竹田城内」と「立雲峡(りつうんきょう)」と「藤和峠(ふじわとうげ)」。このほか、ここでは紹介していないが、東に位置する金梨山からも望むことができる。金梨山は麓から登山で約50分だが、登山道を知っていないと難しい。ここではアクセスの良い下記の代表3アングルをご紹介。

竹田城天守台から南千畳を望む

レンズ:いわゆる広角レンズでOK!(場所は Googleマップで

竹田城天守台から南千畳を望む竹田城といえば、日本のマチュピチュとも称されるが、それがまさにこの風景。城内で最高所に位置する天守台に登れば、この風景が待っているぞ。ちなにこのアングルは、天守台の東南角からの撮影。この人気の場所は、埋まっていることが多いぞ。

立雲峡(りつうんきょう)から

レンズ:望遠100mm以上のご用意を。(場所は Googleマップで

立雲峡から望む竹田城竹田城の東南にある朝来山の「立雲峡」に登れば、竹田城跡のある虎臥山全体が望める。雲海シーズンになれば、雲海に浮かぶ船のようにアングルが得られる撮影ポイント。立雲峡の中腹にある駐車場から頂上付近の第一展望台まで徒歩30分。山頂に近い第一展望台(約30人のスペース)に行くならハイキングレベルの準備が必要。第二展望台(約3人のスペース)、第三(約10人のスペース)もあるが、竹田城を少し見下ろすかたちになる第一展望台が最も良い。いずれも駐車場から案内板が出ているので迷うことはない。ちなみに立雲峡は桜の名所。余談ながら雲海シーズンの土日になると、立雲峡の駐車場はおおよそ午前3時で札止めになる。午前0時で数台、午前2時で駐車場は約半分といったところだ。それ以降は、麓の観光駐車場に駐めてそこから徒歩で登るしかない(麓の観光駐車場も明け方に満車になることがある)。麓の観光駐車場は近くにコンビニがあって便利だが、立雲峡の駐車場には自販機がひとつあるのみ。兵糧を忘れずに。

藤和峠(ふじわとうげ)から

レンズ:望遠200mm程度でOK!(場所は Googleマップで

藤和峠から望む雲海竹田城から、県道136号線を約2km、西に位置する。ドアツードアで見られるポイント。道路脇には約2台の駐車スペースがあり、まるで小さな土塁のように土が盛られているところから望む。ドア to ドアで望めるポイント。約10人が三脚を立てるスペースがあるぞ。手前の山で少し竹田城が隠れるが、竹田城とその支城の観音寺城が見られる。

近郊グルメ近郊グルメ

地元の自然食材をふんだんに使ったフレンチ「旧木村酒造場 EN」でランチ・夕食を。

または、このあたりは神戸牛のルーツ但馬牛を。「但馬牛焼肉 竹田屋」(TEL:079-674-0464)で。または、竹田城駐車場から安井方面へすぐの山城の里「清たけ」で郷土料理を(休業していることも)。

播磨屋但馬牛でなく、旅情ただよう場所で、という人には、ちょっと足を伸ばして是非行ってほしいところがある。兵庫県では、おかき処で有名な「播磨屋 生野総本店」(TEL:079-679-4565)である。JRで言うと竹田駅を姫路方面へ一駅の新井駅からタクシーで10分程度のところにある(竹田城跡から車で約20分)風情のある囲炉裏ばたでいただく「お蕎麦」(大福ぜんざいも)が絶品。
そば一番奥の部屋を指名すると良いぞ。なお、車で竹田城から国道312号線を南下すると左手に現れるのだが、思わず見落とすほど発見が難しい。播但道生野北出口のそばにあるが、道路からはほとんど店があることは分からない。お気をつけて。場所は上記マップでチェック。

宿泊宿泊

JR竹田駅付近には宿は3件。いずれもJR竹田駅から徒歩3分程度。(場所はGoogleマップで

  • 「旧木村酒造場 EN(えん)」(TEL:079-674-0501・洋室4室のみ)
  • 「中井屋旅館」(TEL:079-674-2030)
  • 「竹田町屋寺子屋はな亭」(TEL:079-674-0558・1日2組のみ)
  • JR竹田駅の隣り、JR和田山駅近郊に陣取れば、ビジネスホテルなど宿が5軒ある。タクシー利用なら和田山駅近郊で。

兵庫県の観光おすすめ兵庫県の観光おすすめ

法樹寺竹田城の駐車場横には山名氏と赤松氏の供養塔がある。この辺りは山名と赤松の激戦地。余談だが両家は今に続いているらしい。また、JR竹田駅の駅前の「法樹寺」に足を運んでほしい。白壁には鉄砲狭間がある。緊急時、砦になるとのこと。鉄砲の弾痕もあったというウワサがあったが、2005年10月20日の台風23号の影響で裏山が崩落し、境内にあった石垣も崩落した。境内には竹田城最後の城主、赤松広秀の墓が残る。ちなみにこの法樹寺の前の道は旧街道。そして法樹寺の北側には竹田城への当時のルートである登山道がある。

生野銀山また、ちょっと足を伸ばせば、「生野銀山」。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が、佐渡の金山とならび財源にした採掘場だ。坑道の距離が総延長350kmというから東京~仙台間の距離に匹敵する。そのうち1kmの坑道を歩くことができる(所要時間は約40分)。当時の坑道を掘り進むスピードは1ヶ月に30cm、実際に目にすることで銀の産出が、いかに労力が必要で危険な作業なのかが伝わる。ガイドを頼むとなお面白いぞ。

余談ながら現地の古老によると、この地はもともと「死野(しの)」と言ったらしく、それでは縁起が悪いからと「生野(いくの)」になったのだとか。

お城戦国グッズお城戦国グッズ

竹田城 Android用ライブ壁紙

竹田城ライブ壁紙ライブ壁紙 竹田城をリリース。竹田城の幻想的な風景をスマートフォンでお楽しみください。

天空の城は、ほかにも。

岡山県高梁市にある備中松山城は、現存の天守閣を有する名城。越前大野城は福井県にある城だ。まだあまり知られていないこの2城も要チェック!

このほか、津和野城(島根県)、郡上八幡城(岐阜県)、有子山城(兵庫県)、赤木城(三重県)など、要するに麓に川が流れている山間の山城であれば、朝霧が発生した風景に出会える可能性が高い。城跡から望むなら城に行けば良し、遠景狙いなら地元で聞き込んでどこから望めるかを事前に調べて挑むべし。

城ファンチェック (15)

  • avatar

    1996.04.12 城の観光好き さんより

    天空の城、竹田城の石垣は、地元の方の話によると、積み上げるのに15年かかったそうだ。当時、普請に百姓がかり出され、「田んぼには木が生えた」という話が残っている。その作業、どんなものだったのだろうか…。

  • avatar

    1996.04.12 城の観光好き さんより

    やけに城に詳しいタクシー運転手さんに色々伺ったが、こんな話も…。占い師の方を乗せたとき「竹田城跡は世に出るまであと3年はかかる!」と言われたそうな。その4年後に角川映画「天と地と」に使われ、有名になったという。

  • avatar

    1997.09.04 林田公範 さんより

    ドライブの途中で偶然に発見しましたが、まさに「天空の城」といった趣のすばらしい城跡でした。ふもとから見上げた迫力もさることながら、天守台からの眺めも絶句ものです。すっかり陶酔してしまいました。

  • avatar

    1998.01.01 let's groove さんより

    車で竹田城に向かう道は、まさに山道!入り口もよく確認しなければ特に、表示板もなし!しかも駐車場から石垣の見える山頂へ上る道は、チョットした登山のよう。ぬかるんでいる可能性あり。間違ってもヒールを履いていくことは不可能!!妻を連れていって エライ怒られました…。

  • avatar

    1998.10.23 うんの さんより

    3年前、大阪に転勤になったのをキッカケに単車でお城巡りをしました。竹田城も道を探しながらやっとこ見つけて大感激。今は神奈川に戻りましたが、今でもあの光景は忘れられない。

  • avatar

    1999.03.03 よしき さんより

    僕、竹田城のある和田山町の出身です。竹田城には、学校の遠足とかでよく登りました(歩いて)。ところで、竹田城の向かいの山にある立雲峡は桜の名所です。春に登るといいかも。もちろん竹田城からも見える。冬はよく朝霧が出るので、夜明けから早朝がいいです。

  • avatar

    1999.12.24 たなべ さんより

    石垣の竹田城は有名ですが、現在の竹田城が中世の山城の上に乗っかっているのはご存知でしたか?舗装されている登山道を登るとき、崖面をよく観察してみましょう。中世の竹田城の大きな竪堀を見ることが出来ます(ただし、夏は見にくいかも)。その他、城山のあちこちに中世の竹田城時代の曲輪を見ることができます。

  • avatar

    2005.11.15 城の観光好き さんより

    城内の随所で、門跡などを示すポールが立っているが、その昔はこれが白かった。近年になってこれが茶色に塗られたのだが、自治体の人の話によると、写真家から要望があって茶色に塗ったそうだ。写真の中でそのポールが目立ちすぎるのだとか。個人的には白いポールの方がずっと良かったかも…。

  • avatar

    2005.11.15 城の観光好き さんより

    実は彦根城伊予松山城とならび、「登り石垣」が確認できる城のひとつ。といって簡単に見られるわけではなく、西側斜面に井戸跡があるがそこをさらに下らなければならない。かなり危険。

  • avatar

    2005.11.15 城の観光好き さんより

    石垣が魅力の竹田城。石垣の出角を積む技法である「算木積」が大成される前のちょうど過渡期の様子が見られるぞ。扇の勾配を出すために角石の間に小さな石の板を入れていることがここ竹田城では確認できる。

  • avatar

    2012.03.23 タロ さんより

    サクラ満開の頃と晩秋の雲海に浮かぶ頃、石垣の美しさは多くが語るとおりです。実は裏側とも言える城の北側の集落から見る姿が一番と思いますが、多くはアクセス方法がわからないようです。撮影スポットもきた側の山中にベストスポットがあります。

  • avatar

    2012.11.29 にしやまけい さんより

    登山道途中の天守台から登ったらちょうど、雲海ボランティア?の方がいらして石垣の一番大きな石にふれて願いを込めるとかなうといわれるパワースポットを教えてもらいました。11月28日朝の6時半から待ち、9時半に美しい雲海に出会い大感動しました。待った甲斐ありでした 。

  • avatar

    2014.02.02 官兵衛 さんより

    本丸から伸びる「花屋敷」「南千畳」「北千畳」と呼ばれる3つの郭は、同じ高さに設計されてあるって知ってた?

  • avatar

    2014.06.19 tomita3 さんより

    資料に紹介されてる書籍『史跡 竹田城跡』は2014年に改訂版が発行されました。詳細は朝来市ホームページをご覧ください。

  • avatar

    2016.02.27 shirofan さんより

    竹田城は、2016年3月1日から、史跡の保護や安全上の観点から観覧ができなくなっていた天守台の公開も再開されます。

口コミ投稿

ささ、あなたの知っている竹田城ネタをご投稿ください

お城めぐりFANライブラリ:竹田城フォト

あわせて読みたい