安土城大手道

安土城の歴史

信長の天下平定の拠点、安土城。その名は平安楽土から。天正4年(1576)、信長は丹羽長秀を奉行とし、安土城築城にとりかかった。ときに信長43才。越後の上杉謙信の侵攻、石山本願寺(大坂城の前身)の攻撃の拠点であり、京にも近く中山道の要所である近江蒲生。六角氏の居城だった観音寺城の尾根つづきの安土山を縄張りし、これまでにない新しい城郭を構えた。

安土城黒金門跡
黒金門跡。南北2箇所で堅牢な虎口を設け、主要部を守っていた。

安土城天主台
八角形の天主台で礎石が見られる。

安土城の中心部から台所跡へと続く登城路
安土城の中心部から八角平や台所跡へと続く登城路。石垣に囲われ地下道だった可能性があるらしい(非公開エリア)。

外観5層の天主は、日本の建築史上、初めての高層天主らしい。現存する石垣から推定されるその大きさは、後の豊臣大坂城天守をもしのいだ。建設は尾張熱田の岡部又右衛門、内部の障壁画は日本画の巨匠、狩野永徳・光信、瓦は中国の最新技術を用い奈良で焼かれた。この時代の最先端の技術・芸術が用いられた城だったのだ。石垣も近江の比叡山寺院の石垣を手がけた穴太衆など石工の手によって、安土山全体を石垣で囲うなどその技術を城郭に用い、より高さのある石垣を実現しているのも、城郭史上この頃からである。

西の湖から見る安土城
西の湖から見る安土城。

天正7年(1579)、信長は安土城天主に入る。この当時二の丸御殿、三の丸御殿は完成しており、その他の建物の完成は、天正9年(1581)までかかった。ちょうどこの翌年が本能寺の変である。その数日後の天正10年6月15日、城は何者かによって焼かれた。城下町も八幡山城(近江八幡城)に移され、昭和15年の発掘時まで埋没することになる。昭和44年、旧加賀藩の池上家から「天主指図」が発見され、現存する不等辺八角形の天主台石垣と、その指図が不等辺八角形の天主を描いていることから調査が進められ、安土城のものと推定。平成元年から特別史跡安土城跡調査整備事業など発掘整備がスタートし、大手道周辺、本丸周辺などで次々と新たな安土城の姿が解明されている。何十年か後にはさらに信長に近づいているに違いない。

(文・写真=岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事