姫路城の歴史

姫路城の歴史を紐解く

姫路城は、播磨の守護、元徳3年(1331)、赤松則村が砦を築いたのがはじまり。その子、貞範が正平3年(1348)頃に、居城として築城した。その後、室町時代を通して赤松氏の城で、その家臣、小寺氏が入っていた。天文14年(1545)、小寺氏は御着に新たに城を築き(御着城)、姫路城には、小寺氏の家臣、黒田職隆が入った。天正5年(1577)、信長の命で秀吉が、三木城別所氏を滅ぼし、姫路城に入り、3層の天守閣を築いた。秀吉が姫路城に入ることができたのは、黒田官兵衛、後の如水によるものである。この姫路城を拠点に中国の毛利勢と戦うことになる。

天正10年(1582)、本能寺の変が起こり、秀吉がこの姫路城を経由し、山崎まで向かったのは言うまでもない。世に言う中国大返しである。秀吉は後、大坂城を居城とし、姫路城には、秀長、ついで木下定家を入封させた。

慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いで戦功をたてた池田輝政が入封、このとき、9年の歳月をかけ本格的に拡張し、現在の5層6階地下1階の天守閣を築いた。池田氏のあと、本多忠政が入城し、西の丸、三の丸と増改築を行い、郡山松平氏、山形松平氏、榊原氏、越後松平氏、再び本田氏、榊原氏と経て、1749(寛延2)年、酒井氏が入封、明治を迎えた。姫路城の瓦に様々な家紋が見られるのはこれら歴代城主のものだ。

池田時代の拡張は、52万石という規模に合わせてのものと、毛利家という豊臣大々名と九州四国を含めた西国探題の目的が背景にある。そのため播磨、備前、淡路を一族で固めた三国支配を固めていく政策をとる。これにちなんで三国濠という名の水堀が姫路城内に残る。

秀吉時代の天守や石垣は、現在の天守群ほか、多くの建物に転用されたらしい。中でも乾小天守は用材の多くがその転用材であることが判明している。3つの小天守とそれらを結ぶ渡櫓、大天守、豊臣秀頼の正室、千姫ゆかりの西の丸長局や化粧櫓ほか、城門や櫓が多数現存しており、近年、世界文化遺産となって、日本の城で最も優美な城として世界に親しまれている。

姫路城
三国掘から望む姫路城天守群
姫路城天守群

姫路城大天守の見どころ
姫路城 写真ライブラリー