小谷城清水谷
小谷城跡の清水谷。右手の尾根が小谷城跡で中央が大嶽。左手の尾根には砦跡が残る。

小谷城の歴史

小谷城は、浅井氏三代の城で信長の妹、お市が嫁いだ城で知られている。初代亮政が大永2年(1522)に築いたのがはじまりと云われ、小谷山から南に伸びる尾根を城郭化している中世の山城だ。山腹や谷筋には屋敷跡が残るが、山城が詰めの城という意味あいではなく、居住区でもあり家臣の屋敷なども多くはその山城にあった。本城である小谷城、清水谷(きよみずだに)、山頂の大嶽(おおづく)、清水谷の北側に伸びる尾根に築かれた福寿丸や山崎丸などの砦を含めるとその城域は広かった。

小谷城黒金門跡
大広間跡に通じる黒金門跡。

小谷城本丸跡
小谷城本丸跡。

小谷城山王丸跡
小谷城の山王丸跡。小谷城の詰の丸とも云われ、六坊を経て清水谷や大嶽へ通じる。

浅井氏は亮政の孫、長政の代になって、いよいよ勢力を伸ばす。長政は初め、近江国南部を治める観音寺城の六角義賢の「賢」の字をもらい賢政と名乗っていたが、六角氏とその関係を絶って永禄4年(1561)、名を長政と改め、その後、信長の妹、お市を娶る。これにより織田勢と連合し、永禄11年(1568)、六角氏の観音寺城を攻め、近江半国を手に入れることになる。しかしその後、信長の越前朝倉攻めが決まり、浅井氏は古くから手を結ぶ朝倉氏と共に信長に反旗を翻すことになる。永禄13年(1570)、小谷城の南、5.5kmにある姉川にて織田徳川連合軍と戦うが、浅井軍は大敗を喫し、天正元年(1573)に小谷城は陥落、浅井久政、長政親子は自刃する。この小谷城攻めで活躍したのが秀吉である。長政の守る本丸と長政の父、久政の守る小丸の間の京極丸を落とし、久政を自害に追い込んだらしい。その後、2日間をかけて本丸を攻撃、長政はついに自刃し、その子、万福丸も後に捉えられ、関ヶ原で磔にされた。小谷城落城後、この地に入封したのが秀吉で、山城では不便なところもあり、近くの長浜(今浜)に長浜城を築城、ここに小谷城も廃城となった。城下の実宰院には、浅井長政の姉である昌安見久尼(しょうあんけんきゅうに)が、小谷城落城の際、浅井三姉妹を実宰院でかくまったという言い伝えが残る。

琵琶湖に浮かぶ浅井家ゆかりの竹生島
琵琶湖に浮かぶ浅井家ゆかりの竹生島。

浅井久政奉納・弁財天・竹生島
浅井久政奉納の竹生島弁財天。

この地は、信長にとっても近隣諸国にとっても京に近く重要な土地で、いずれどこかに吸収される運命であったとも云われている。現在、城跡は整備され、多数の曲輪が残り、遺構を明瞭な状態で見ることができ、小谷城がどんな姿をしていたのかがよく解る。黒金門跡付近に浅井家供養塔、赤尾屋敷跡に長政自刀の地の碑が建っており、本丸ではかつての栄華を偲ぶかのように毎年春に桜が咲き誇る。

(文・写真=岡 泰行)

何気に関連ありそうな記事