合戦東軍西軍どちら派 三成派(1021票)
家康派(528票)
戦国武将人気ランキング 1位 大谷吉継(167票)
2位 島津義弘(105票)
3位 真田幸村(101票)
4位 島左近(90票)
5位 小早川秀秋(82票)
魅録 さんからのご投稿(2011.02.16)

三成派 大義!

島津義弘 すてがまり見事!



dady さんからのご投稿(2011.02.15)

三成派

福島正則 気になるっていうか斬る。

藤吉郎 さんからのご投稿(2011.02.14)

三成派 勝者は常に都合の悪い事実を抹消し、自己の行為を美化するものです。秀吉しかり、家康も当然そうでしょう。しかし、あれだけ磐石の世を築いた江戸時代を経てなお、三成や秀家、吉継らの義は絶えることなく語り次がれていった。もう決まりでしょう。

宇喜多秀家 うちの殿だから。これまで宇喜多家を支えてきた有力武将をほとんど家康にぶっこ抜かれながら、あそこまで奮戦できたのは立派だと思いませんか? また、同じ秀吉の養子でありながら小早川秀秋と比較するとなんとまあほれぼれするほどの忠義、強さ、男っぷり。まだまだ評価低すぎだと思います。

吉備 さんからのご投稿(2011.02.12)

三成派

宇喜多秀家 五大老で唯一忠義を尽くして関ヶ原で戦っているに 歴史小説等で取り上げてもらっていないから。

川越 さんからのご投稿(2011.02.11)

家康派 家康は書状や弁舌で味方をつくり、状況よく見極めて勝利したから。逆に西軍は軍のまとまりが悪く、内応者が多く、総大将である毛利輝元が本戦に参加せず、大阪城にいるままであったから。

黒田長政 小早川秀秋などの武将を寝返らせたりして、東軍の勝利に大きく貢献したから。

JIN さんからのご投稿(2011.02.10)

三成派 三成の生き方は武将たるもの。勝者により、三成の評価はねじ曲げられている感がある。そもそも、武田にやられて脱糞する将など指示できない。

上杉景勝 もっと早く、この将が動いていたらと思うと…。

烏 さんからのご投稿(2011.02.06)

家康派 一番元にある秀吉が好きじゃない…そしてやっぱり三成はちょっぴり自分の立場を奢ってしまった気もするので。三成勝っても江戸のような平安は生まれなかったと思う。

島津義弘 家康派だけど、島津の撤退の仕方はやっぱりカッコいいと思う!

佐和山嬢 さんからのご投稿(2011.02.04)

三成派 自分にはない、義を貫く勇気を持っているところに憧れます。

島左近 歳老いてもなお 一目置かれる存在に尊敬します。

キンカン頭 さんからのご投稿(2011.01.29)

家康派 幕府を開いたすごい人だから。

京極高次 昔からの守護大名で、伝統のある家柄だから。

越前守 さんからのご投稿(2011.01.29)

家康派 仮に、西軍が勝ったとしても、三成では天下は治まらず、結局戦国の世が続くだけだから。まず、石田三成は、美化されすぎ。

結城秀康 福井県の礎を築いたから。

小松帯刀 さんからのご投稿(2011.01.24)

三成派 薩摩藩にとって宿敵である徳川幕府の祖だから家康は嫌い。

島津義弘 薩摩藩祖だから。

キューブ さんからのご投稿(2011.01.16)

家康派 三成は秀吉の権力の悪用に加担していたから!
実際、秀吉より家康の方が戦上手だし政治力がある!

伊達政宗 秀吉や家康でさへ警戒していたから!この人が天下を見てみたい!

オカピ さんからのご投稿(2011.01.16)

三成派 三成はもともと庶民だから。

宇喜多秀家 八丈島で何をしていたのか気になるから。

Paul McCartney さんからのご投稿(2011.01.11)

三成派 家康嫌

明石全登 宇喜多について負けたけど大坂の陣でも豊臣を支えたから。

リッツ さんからのご投稿(2011.01.09)

家康派 どうかんがえても家康派!この人はやっぱりスゴイ人だと思う、三成では器が小さすぎる。

藤堂高虎

ねんぱい さんからのご投稿(2011.01.04)

家康派 無精としての器量、人徳があり、大阪方とは違い将の団結も強く軍としてすばらしかった。その軍勢を率いた対象であるから並ではない。治部少輔三成とは違っておちつきはらい、戦の完全なる下準備をおこたらなかったので、内府家康の派閥に属したい。

無し

景続 さんからのご投稿(2010.12.11)

三成派 家康は、ずる賢いから嫌。義に生きた三成こそ真の武士。

大谷吉継 友の為に命をかけた生き様がすばらしい。

m さんからのご投稿(2010.12.10)

三成派 家康はセコイ。長政も。

黒田長政 裏切りを画策するとは、もはや男じゃない。三成派になった原因。

一個太郎 さんからのご投稿(2010.12.07)

三成派

黒田孝高 関ヶ原で決戦が行われている最中に、黒田官兵衛は凄まじい勢いで九州を席巻していた。もし一日で関ヶ原の勝敗が決していなければ、九州を拠点に官兵衛は上方に一大勢力を率いて、参じていたかもしれない。東西どちらかに味方するかの去就で、その後の歴史は大きく変わっていただろう。

三也 さんからのご投稿(2010.12.05)

三成派 義を貫き通したところ
友の為亡き秀吉の為
最後まで戦ったところ
死ぬときまで
自分の意志を貫き通したところ

大谷吉継
三成の為に尽くしたところ
死にざまもかっこいい

上様、ネタ投稿を